スポンサードリンク

元宝塚・遼河はるひのブログがすごい?カップは?


元宝塚の遼河はるひさん。この手のタレントさんにしては珍しく、所属事務所は若手芸人が多いことで知られる人力舎です。2015年には連ドラ初主演も果たすなど、飛躍の一年となりましたが、近年巷では宝塚の意外な退団理由が話題となっています。果たして彼女はなぜ宝塚を退団したのか、そして現在彼氏はいるのかなどについても触れていきたいと思います。

スポンサードリンク

遼河はるひさんは1976年生まれの女優、タレントです。元宝塚歌劇団の三番手男役スターであり、現在はプロダクション人力舎に所属しています。出身地は愛知県名古屋市、身長173cm、血液型はA型、本名は鹿嶋綾希子。

 

 

幼少期には日本舞踊を習っていました。高校時代までバレエや歌などは全くやっていなかったそうですが、高校時代に見た宝塚の舞台に感動して宝塚音楽学校受験を決意。わずか1年の宝塚受験支援スタジオ通いだけで合格にこぎつけたのですからすごいことです。

 

 

宝塚音楽学校に入団したのは1994年のことです。当時は宝塚の人気も今より高く(今でも十分高いですが)、当時の入学倍率はなんと48.25倍だったそうです。同期には紺野まひるさん、蘭寿とむさんなどがいます。1996年に宝塚歌劇団に入団し、月組に加入します。若手男役として活動していまsチアが、2001年に宙組に組返し、2005年5月、「Le Petit Jardin 幸せの庭」でバウホール主演。再び月組に組替えとなり、2009年に退団します。

 

 

2010年からは女優、モデルとして活動を開始。Beehiveに所属し、中日ビルイメージモデルなどを務めます。2013年からは人力車に移籍し、2015年8月からの連続ドラマ「癒し屋キリコの約束」で、連ドラ初主演を果たしました。一方で最近はバラエティ番組などにも多数出演し、自由奔放に発言するキャラクターで注目を集めています。性格はがさつであり、それが退団の原因になったともいわれています。本人は「やりたいことを十分やったから退団した」と話していますが……。

 

 

とはいえ、最後に演じた「グレート・ギャツビー」は遼河はるひさんにとってあこがれの作品であり、遼河はるひさんが満足して宝塚をやめられたことは間違いないようです。もっとどろどろとした理由で宝塚を去る人も少なくない中で、このような形で退団ができた遼河はるひさんは幸せなのかもしれません。

 

 

宝塚退団後はあまり表舞台に出ることがありませんでしたが、2015年8月にようやく連続テレビドラマ主演の座を獲得しました。遼河はるひさん演じる有村霧子は歌謡喫茶のオーナーであり、店舗に置いてある賽銭箱にお金を入れてくれた人の悩みを解決する「癒し屋」の仕事をしています。

 

 

妖艶で適当、愛想もなく癒しとは程遠い存在ですが、そんな難しいキャラクターを良く演じられていたように私には見えました。しかし、世間的にはその演技については必ずしも評判がいいとは言えないようです。特に多い意見が「演技が大げさすぎる、わざとらしい」というもの。これは遼河はるひさんのみならず、宝塚出身の女優さんに対してよく投げかけられる言葉ですね。舞台では大きな演技が評価されることが多いようですが、テレビドラマではまた違ったものを要求されるようです。

 

 

幼少期に日本舞踊を習っていたことや、宝塚音楽学校に通っていたことから実家はお金持ちだとのうわさがあります。一方でテレビではデート中にはだしで動き回って地べたに座るなどしたことを明かしており、非常識であるとも言われています。お金持ちと非常識はある意味一致するので、あながちこの評判も間違いではないのかもしれません。

 

 

現在すでに40近い遼河はるひさんですが、今のところ交際している男性についての噂はありません。長身のモデル体型で元宝塚とあれば持てないはずはないのですが、そのガサツな性格からかなかなか男運には恵まれないようです。いつの日か春が来るといいですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す