スポンサードリンク

北乃きいがアメトークで太った姿を披露……現在の本名と体重は?


人気女優の北乃きいさんがトーク番組の「アメトーーク」に出演されました。
その時の風貌があまりにも以前と変わっていると、ファンはショックを隠せないようです。

 

 

北乃きいさん関連リンク

公式ウェブサイト

なんかいろいろと変わっちゃいましたね

画像集

このころはよかった

過去の熱愛報道

いろいろとやらかしました

Zip!司会に心配の声も

何となくぎくしゃくしています

スポンサードリンク

まずは北乃きいさんの昔の画像を見てみましょう。

66777 200906090608117001244529654c 北乃きいがアメトークで太った姿を披露……現在の本名と体重は?

うん、言うまでもなくかわいいですし、何より美しいですね。可憐という言葉がぴったりです。一方、最近アメトーークで見せた風貌がこちらです。

 北乃きいがアメトークで太った姿を披露……現在の本名と体重は?

なんというか、変わってしまわれたなというのが第一印象です。
太ったというよりも化粧の仕方を間違えてるんじゃないかと思いました。
もちろん人は変わっていくものですが、何もこんな風に変わっていかなくてもいいじゃないかと思いました。
以前若槻千夏さんを久々に見た時抱いた感情に似ています。

 

 

もともとは清純系で売っていた北乃きいさんですが、以前フライデーに佐野和真さんとのお泊りデートがフライデーされて以降、ファンの評価は一転。
北乃きいさんに対して並々ならぬ幻想を持っていたファンはこのことに大いにショックを受けて、北乃きいさん本人がブログで謝罪する事態にまで発展しました。

 

 

この事件のせいでたくさん企画もダメになってしまったみたいで、
北乃さんはお酒と食にストレスのはけ口を見出してしまった……というのがまことしやかにささやかれている噂です。

 

 

北乃きいさんがこうなったのはなぜなのでしょうか。一説にはストレスが原因だと噂されています。
人間なら、ましてや人気女優ならばストレスの一つや二つあって当然ですが、
北乃きいさんの場合は肉食系であり、とにかく異性あのアプローチが強烈だそうです。
そうした行為は依存性の強さの裏返しといいますが、北乃きいさんの場合も若干他人に対する依存心が強いのかもしれません。

 

 

ちなみに、北乃きいさんの現在の体重は不明です。身長が158cmであることは公表されていますので、
そこから推定していきますと……あの体型からすると50kg台半ば~ってとこでしょうか。
別に158cmで50kg台半ばならば一般的には標準体型、というかもっとも健康的な体型なのですが、
女優の場合には少し太く見えてしまいます。

 

 

ですが、別の画像を見てみるとそんなに太くないんじゃ?とも思えてきます。

 

 

こちらはZIPの画像ですが、これを見ただけでは以前とあまり変わらないように見えます。
ナチュラルな美しさはいまだに健在ですが、アメトーークでの化粧に失敗してしまったとみる方がむしろ自然なのかもしれません。
thumb mdpr 20140927 1424801 entame 北乃きいがアメトークで太った姿を披露……現在の本名と体重は?
いろいろと良くない噂もある北乃きいさんですが、まだ23歳。
やさぐれ女優への転身を目指すにはまだちょっと早いですし、
もって生まれた美貌は間違いなく本物です。自暴自棄にならずにかつての輝きを取り戻してほしいですね。

 

 

最後に北乃きいさんの本名について。
北乃きいという名前は芸名であり、本名ではありません。
本名については非公開ですが、ネットに出回っている情報によれば本名は「松村沙也加」だそうです。
なんだかこんな感じの名前のアイドルどっかにいそうですよね。
卒業アルバムの流出で皆に知れ渡ってしまったみたいですね。

 

 

それにしても卒業アルバムってホントに流出しまくりますね。
昔の卒業アルバムには個人情報がたくさん載っているのでその手の業者の間では高く売買されているそうですが……、おお、こわいこわい。

 

 

北乃きいという芸名については「き」は彼女のイメージカラーである「黄色」を、
「い」は元気”い”っぱいの「い」から取ったという説が濃厚です。
だったら元気いっぱいの「げ」を取って北乃きげでも良かったような気もしますが……。

 

 

でも北乃きげだとちょっと響きが汚いですし、やっぱり北乃きいで正解ですね。
北乃きげ、もとい北乃きいさんの今後の活躍を祈っております。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す