スポンサードリンク

宮沢りえのサンタフェの画像とは?子供の写真と幼稚園の運動会


1990年代にかけて活躍した女優の宮沢りえさん。絶頂期に貴花田(のちの横綱貴乃花)と婚約を発表して話題になるなどしましたが、その後は拒食症の噂などがあり芸能界を休止した過去があります。一時期は芸能界から簡単に消えたと思われた宮沢りえさんですが、最近はふたたび女優としての活動を本格描かせつつあります。

 

 

宮沢りえさんが復活できた裏には誰の支えがあったのでしょうか?

 

 

宮沢りえさん関連リンク

美しくなった宮沢りえ

大人の魅力ってやつですね

宮沢りえと石橋貴明の関係性

「なんで結婚しなかったんだろう」

宮沢りえの第二次黄金期

今が全盛期

宮沢りえの処世術

独特の切り返し

スポンサードリンク

宮沢りえさんは1973年生まれの女優です。11歳でモデルデビューし、1987年に三井のリハウスで「白鳥麗子」役を務めてトップアイドルの一人となりました。

 

 

宮沢りえさんは1980年~1990年代のアイドルとしては非常に変わった経歴を持っています。
今でこそアイドルが自分の過去をあけすけに語ったり、バラエティ番組で芸人に交じっておかしなことをやるのは珍しいことではなくなりましたが、当時はそんなことは考えられない時代でした。

 

 

しかし、宮沢りえさんはそんなことはお構いなしにいろいろなことに挑戦しました。
1990年に話題になったのが「ふんどしカレンダー」。
宮沢えりさんがふんどしを着てカレンダーを飾るというあまりにも衝撃的な事柄は、多くの人を驚かせました。
しかし、現在はこうした女性の褌着用も以前ほど珍しいものではなくなってきています。
ふんどしはお尻の形がくっきりと見え、むしろ従来の水着よりも美しさがきっちりと伝わりますからね。

 

 

翌年にはヘアヌード写真「サンタフェ」を出版します。
撮影は篠山紀信さん、当時宮沢りえさんが人気の絶頂期にいたこともあり、売り上げは155万枚のベストセラーとなりました。篠山紀信さんにとっては「脱いでみます?」というのは挨拶というか社交辞令のようなものだったのですが、これに宮沢りえさんの母が「撮るんなら連休明けかな」と返したことによりとんとん拍子で撮影が決まってしまったそうです。

 

 

当時宮沢りえさんの仕事は彼女の母親が管理していたため、彼女自身は仕事を選ぶことができなかったのだとか……そう考えるとちょっと気の毒ですね。

 

 

ちなみに、当時の宮沢りえさんの年齢は17歳だったとも18歳だったともいわれています。
このことは出版から18年が過ぎた2009年に国会で「児童ポルノではないか」と問題になりました。
この国会でのやり取りがあった後、サンタフェの値段は3倍に跳ね上がっています。

 

 

その後1992年には当時関脇だった貴花田との婚約を発表。
これから横綱を目指す若者と人気絶頂のアイドルの婚約は大いに話題となりましたが、
わずか2か月で婚約は解消となります。このあたりから歯車が狂い始めます。

 

 

賞賛一色だったメディアは彼女に対するバッシングを開始。それにより精神的に疲弊してしまった宮沢りえさんは一時期拒食症に陥ってしまったともいわれています。しばらくメディアからも消えていまさいたが、
2001年ごろから本格的に女優業を開始。2014年10月からは「ヨルタモリ」に出演しています。

 

 

私生活では2009年12月4日に妊娠6か月であることを公表。その直後にハワイ在住の日本人実業家が相手であることを明かします。同年4月に婚姻届を提出します。しかし、2012年5月に離婚届を提出。3年余りの短い結婚生活にピリオドが打たれました。

 

 

現在、宮沢りえさんと元夫の間ではいわゆる「親権争い」が行われているようです。
子供の名前は「あろは」だそうですが……ひょっとしてDQNネーム?

 

 

幼稚園は芸能人の子供も多く通っている私立の成城学園幼稚園に通わせているそうです。
2015年には幼稚園も卒業ですが、その後はやっぱり成城学園初等学校に進学するのでしょうかね?



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す