スポンサードリンク

彩乃かなみと瀬奈じゅんの関係は?結婚と実家


最近はテレビでも活躍されている元タカラジェンヌの彩乃かなみさん。
対岸度は主に歌手として活動されていますが、近年はバラエティにも進出しています。
宝塚といえばご存じ女の花園。その概要は常にベールに包まれていますが、
果たして一体彼女たちはどのように生活し、どのように育っていくのでしょうか……?

彩乃かなみ関連リンク

公式ブログ

割と頻繁に更新されています

公式サイト

微妙に古臭いデザイン

彩乃かなみの空気感

いい雰囲気ですよね

彩乃かなみインタビュー

裏の顔とはいったい

スポンサードリンク

まずは宝塚に入るのがどれくらい難しいのかを見ていきましょう。
結論から言いますと、倍率は毎年大体20倍前後といわれています。

 

 

定員は大体40名~50名程度で、それに対して毎年1000人近い志望者が挑戦します。
応募条件は”容姿端麗で、宝塚歌劇団の舞台人に適する者”。
いまどき容姿端麗さをあからさまに求めるのは異端ともいえます。宝塚じゃなきゃ許されない所業ですね。

 

 

試験は1次試験(面接)、2次試験(面接、歌唱、舞踊)、3次試験(面接、健康診断)の3つから成り立っています。学校に入るのに3回も面接が行われているとは驚きですね。
私は面接というものに対してかなり懐疑的な見方をしていますので、
あんなものは1回もやれば十分だろうと思ってしまいますが……。

 

 

宝塚の面接と聞くと何か変わった質問をされるのではないかと思ってしまいがちですが、
実際のところは一般的な高校受験とそれほど差はないようですね。
長所と短所、スポーツ、特技、落ちたら来年どうするか、どういうタカラジェンヌになりたいかなどを聞かれます。

 

 

ただし、これに加えて面接時の動作(座り方や歩き方はきれいか)などもチェックされるので油断はできません。

 

 

年齢は15歳から18歳まで。彩乃かなみさんの場合も3回目の試験でやっと合格しました。
あれほどの実力と美貌の持ち主でも簡単には受からない世界なのですね。

 

 

その後雪組公演「仮面のロマネスク」で初舞台を踏み、花組に配属されます。
ちなみに、宝塚には花組・月組・雪組・星組・宙組の3つがあります。
花組は男役が多い、月組は芝居がうまいなどの特徴があります。

 

 

その後の彩乃かなみさんの活躍は皆さんもご存じかと思います。
2005年には長年親しんだ花組を離れて、月組へ転身。
「Ernest in Love」より瀬奈じゅんさんの相手役を務めます。

 

 

瀬奈じゅんさんとは公私ともにかなり長い付き合いがあります。
瀬奈さんは自らのエッセイ本で彩乃さんに対する思いを吐露しているほか、
たくさんのツーショット写真も掲載されています。

 

 

プライベートでは一緒にディズニーランドにもいくほどの仲です。
ちなみに、瀬奈さんいわく彩乃さんは「意外と裏表の激しいタイプ」だそうです。
なんでもオンとオフの差はかなりのものだとか……ああいうきれいな人ほど、
裏では意外と干物女みたいなだらけた生活を送っているのかもしれません。

 

 

そのあたりのギャップもまたいいですね。

 

 

さて、その後彩乃さんは2008年に宝塚を退団します。
当時彩乃さんは33歳でした。宝塚には明確に定年があると公表されているわけではありませんが、皆ある程度歳を重ねると自分から辞めていきます。

 

 

黒木瞳さんなどのトップレベルになるとその分だけ退団も早くなります。
退団時の平均年齢は大体30代半ばぐらいなので、彩乃さんは平均的な時期に退団したということになります。

 

 

退団理由は具体的には明かされませんでしたが、噂によれば結婚が退団の引き金になったとも言われています。ただし現在に至るまで結婚の報道は去れていないので、これはガセでしょうね。
自分から退団理由を語るようなことをしなかったので、このような憶測が生まれたのでしょう。

 

 

最後に役者としての彩乃さんの特徴について。
彩乃さんの一番の特徴はその歌唱力です。以前ある番組では秋川雅史さんと「千の風になって」を熱唱し、話題となりました。動画はこちらです。

そのほかコメディチックな演技、透明感のある演技も特徴です。
これからもいろいろな舞台で活躍してほしい人材ですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す