スポンサードリンク

真矢ミキが旦那と黒蜥蜴で共演?子供はいるの?


元宝塚のトップスターである真矢ミキさん。最近は芸名を「みき」から「ミキ」に改名し、ほんのちょっとだけ話題となりました。最近は好感度ランキングに常連入りするなどかなりいいイメージがある彼女ですが、実は旦那さんも有名人であることはご存知でしたか?なんでもダンナさんは「バレエ西島」などと呼ばれているそうですが……果たしてどんな人なのでしょうか?

スポンサードリンク

真矢ミキさんは1964年生まれの女優です。広島県広島市出身、大阪府豊中市育ち。元宝塚歌劇団花組トップスター、本名は西島美季。旧姓は佐藤、身長166cm。

 

 

4歳まで広島市で育ちますが、その後は父親の転勤によって引っ越しを繰り返します。実に8回の転居をしたのち、日舞を習いたいという気持ちからら宝塚コドモアテネに通うようになります。その後宝塚で活躍していた大地真央さんに対するあこがれから、宝塚音楽学校に入学。同期には北原遥子さん、黒木瞳さん、涼風真世さんらがいます。

 

 

初舞台からその圧倒的な存在感で注目を集めており、活躍。1995年に花組トップスターに就任し、1998年の退団まで活躍します。宝塚退団後は女優として芸能界に入りますが、実はその後1度事務所(田辺エージェンシー)から戦力外通告を受けています。その翌年にあの「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」に出演しブレイクしているので、事務所の見る目がなかったということになりますね。あと1年我慢していればと思うと非常にもったいない話です。

 

 

その後は数々のドラマやバラエティ番組に出演し、すっかりお茶の間にも定着しました。2015年3月1日にはブルーミングエージェンシーからオスカープロモーションに事務所を移籍し、また芸名を変更しました。

 

 

芸名を変更した裏にはある事情があります。真矢みきという芸名の権利は前事務所のブルーミングエージェンシーが所持しているため、やむなくカタカナの「ミキ」に改名したということです。このあたりの権利関係は非常に複雑ですね。

 

 

2015年11月にはドラマ化が決定した江戸川乱歩氏の「黒蜥蜴」の主人公、黒蜥蜴を演じることになりました。黒蜥蜴は謎の女怪盗で、明智小五郎との戦いが最大の見どころです。放送は12月22日にすでに終わってしまいましたが、ツイッターなどを見る限りではおおむね好評だったようです。

 

 

私生活では2008年にバレエダンサーの西島千博さんと結婚しています。西島千博さんは1971年生まれで真矢みきさんより若いので、いわゆる姉さん女房ということになりますね。世間的な知名度はあまり高くないですが、日本でバレエというものの存在があまり知られていなかった時にバレエスクールを開校した先駆者的人物です。バレエ以外にも舞台などで活躍しており、あの久保帯人先生の人気漫画「BLEACH」の舞台作品にも出演されています。

 

 

両者のなれそめは舞台共演。2002年のスターダストin上海で同じ舞台経ったのがきっかけだそうです。最初は単なる友人であり、恋愛関係になったのはそれからだいぶ後とのことです。プロポーズは旦那さんから行ったそうで、真矢みきさんはあまりに突然の出来事に「空耳かと思った」そうです。その後2009年には明治神宮で挙式を行いました。

 

 

二人の間にお子さんはいらっしゃらないようです。真矢ミキさん自身が子供が欲しいと思っているかどうかはわかりませんが、結婚した時点ですでに44歳、現在は51歳であり、ここから子供を作るのはちょっと難しいかもしれません。今でも不妊治療を受けている、なんて噂もありますが……。

 

 

タレントとしての好感度は非常に高いらしく、黒木瞳さんや天海由紀さんとともにたびたび人気ランキング上位に入っています。2014年にオリコンが行った「理想の上司トップ10」では、女性部門で第3位に入賞しています。確かにねちっこさがなくていいですよね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す