スポンサードリンク

羽田美智子の旦那の広部俊明ってどんな人?宗教との関係は?


人気ベテラン女優の羽田美智子さん。芸能界デビュー直後から映画、テレビ、CMなどにコンスタントに出演し続けており、芸能生活はいたって順調なようです。私生活でも2011年に結婚をされていますが、その裏には宗教が関連しているとも言われています。芸能人と宗教は切っても切れない関係にあるといわれていますが、果たしてこの噂は本当なのでしょうか?

スポンサードリンク

羽田美智子さんは1968年生まれの女優です。茨城県常総市(旧水海道市)出身、血液型はA型、身長161cm趣味は旅行と写真。3人兄弟の末っ子で、上には二人のお兄さんがいらっしゃいます。曾祖父なども含めて9人家族という非常ににぎやかな家庭の育ちで、実家はタバコ屋を兼ねた飲食店を長年にわたり経営してきたそうですが、2014年をもって惜しまれつつ閉店となりました。

 

その後、1988年に日本旅行のキャンペーンガールとして採用されデビュー。その後はテレビ、CM、映画など幅広いジャンルで活動しますが、その後は奥山和由さんの庇護を受けて松竹専属の映画女優として活動するようになります。しかし、その後まもなく奥山さんは松竹から解任され、それとともにその庇護を受けていた羽田美智子さんの仕事も激減します。その後は再び活動の軸をテレビに映し、「女王の教室」「サラリーマン金太郎」「おみやさん」などのヒット作にも恵まれ、現在に至ります。

 

仕事ではなぜか津田寛治さんと共演する機会が多いようです。主な共演作には「警視庁捜査一課9係」「花嫁のれん」「Watch with Me~卒業写真~」などがあります。夫婦役を演じたこともあり、息はぴったりです。巷では「芸能界夫婦」と呼ばれるほどだとか……。もちろん、実際の夫婦ではありませんが。

 

性格については羽田さん自身曰く「非常に飽きっぽい性格」だそうです。何をやっても長続きすることなく、唯一続いているのが女優業だけ、という状態なのだとか。それだけ彼女にとって女優業は天職なのかもしれませんね。一方で、京都に関する話を番組スタッフとしていて「(京都に)月に何回ぐらい行かれますか?」という質問に対して、「月に入ったことがないです」と回答するなど天然な一面もあるようです。

 

また、ドラマのインタビューで司会者から「嫁姑問題についてはどのようにお考えですか?」と聞かれたときに、「梅酒」について語ろうとしてしまったこともあるようです。こんな羽田さんですが、自身は「天然という言葉がよくわからない」そうです。天然な人ほど自分ではそれに気がついていないといいますが、その通りですね。

 

趣味は自動車。愛車はプジョーで、高速道路を運転していたもののあまりに気持ちいい陽気だったのでついつい出口を間違えてしまったこともあるとか。そのほか美容にも興味があるようで、少量の日本酒をお風呂に入れてつかる「日本酒風呂」をよくやっているのだとか。

 

日本酒が肌にいいの?と思われるかもしれませんが、日本酒をお風呂のお湯に混ぜるのは保湿、保温効果を高め、お肌のトラブルを解決するうえで非常に有効なのだとか。入浴用のお酒なんてものも発売されていますし、もしかしたら意外とポピュラーなッ方法なのかもしれませんね。ただし、やり方によっては浴槽を痛める可能性があるので、適当にお酒を選ぶのは避けたほうがいいかもしれません。

 

私生活では2011年に水中カメラマンの広部俊昭さんと結婚されています。水中カメラマンというのはその名の通り、水中を専門としたカメラマンのことです。水中には地上には見られない神秘的な一面があり、それを画像に残すのが彼らの仕事です。

 

広部さんは国内でも最大級の改定鍾乳洞を発見したことがある有名な方で、出会いのきっかけは仕事を通じて知り合ったのだとか。ただ、広部さんはその職業柄冬以外は沖縄にいることが多く、別居状態に近いそうです。これについて羽田さんは「海の生物と結婚した気がしている」と、またまた天然なコメントを残しています。会う機会は少なくても、うまくやっていそうでほほえましいですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す