スポンサードリンク

おかあさんといっしょで凄い絵を描くはいだしょうこは結婚してる?


「おかあさんといっしょ」で過去にとんでもない作品を披露したことがあるはいだしょうこさん。ネットではそのエピソードばかりがクローズアップされていますが、実は結構これ以外にも変わったエピソードには事欠かない人物だったりします。

 

 

過去には宝塚に入団していたこともあるはいだしょうこさん。その時代は今では考えられないくらいきりっとしたスターだったそうですが、なぜ宝塚をやめてしまったのでしょうか。

スポンサードリンク

はいだしょうこさんは1979年生まれの女性タレントです。父親は前国立音楽大学准教授で、現ミュージカルアカデミー ドリーム学院長、国際ディオ協会会員、立川市地域文化振興財団評議委員の拝田正機さん、母や声楽家という音楽一家に生まれています。幼少期をニューヨークで過ごした後日本に帰国し、高校2年生の時に宝塚音楽学校に入学します。1998年に「千琴ひめか」の名で宝塚歌劇団に入団しますが、2002年に退団します。

 

 

なぜ入ってからわずか4年間でやめてしまったのかは不明ですが、宝塚は上下関係が相当面倒くさい世界みたいですし、それが原因かもしれませんね。

 

 

退団はNHKのおかあさんといっしょのうたのおねえさんとして活躍します。宝塚出身のうたのおねえさんは森晴美さん以来2人目でした。しかし、うたのおねえさんとしての生活は宝塚所属字以上に過酷だったようです。倍率600倍の超難関を潜り抜けたにもかかわらず、最初の3か月で1000曲以上の歌を覚えなければならなかったようです。多難準計算でも1日当たり10曲を覚えなければいけないのですから、これはとても過酷といえます。

 

 

さらに放送開始後のスケジュールもハードで、月火水は収録、木曜は次の週のリハーサル、金曜は歌の録音、土日は地方営業という働きづめの生活を送っていたそうです。このような生活だったためか、体長は常にボロボロだったようです。本人曰くうたのおねえさんをやっていた最中は「薬まみれ」だったそうですが……。

 

 

ちなみに、うたのおねえさんの規則は
「恋愛禁止」
「自動車の運転禁止」
「常に明るく元気にふるまう」
「おかあさんといっしょ以外の番組に出ない」
「外でモノを食べながら歩かない」

 

 

などがあったようです。ブラック企業も真っ青の拘束ですね。こうしたエピソードは努力の証として語られることが多いですが、こんなことやってるからいつまでたってもブラック企業がなくならないんだとも思えてきます。極端な努力を強いる人とは仲良くしたくないものです。

 

 

話は変わってはいだしょうこさんの特技について。はいだしょうこさんの一番の特技は一輪車です。あるテレビ番組では223mもあるマカオタワーの頂上で、命綱をつけながら一週したこともあります。一方で一輪車は乗れるのになぜか自転車は苦手でしたが、テレビ番組で木梨憲武さんの指導を受けて乗れるようになりました。

 

 

最後にはいだしょうこさんのイラスト技術について。はいだしょうこさんのイラストは佐藤弘道さんいわく「子供を黙らせる絵を描かせたら日本1」だそうです。両親からも人前で絵を描くことは釘を刺されています。

 

 

おかあさんといっしょでは同番組のマスコットキャラクターであったスプーのイラストを描いたこともありますが、それがあまりにも本物のスプーとは似つかないものだったため、ネット上でちょっとした騒ぎになりました。その際のイラストがこちらです。

8e839e73 530x321 おかあさんといっしょで凄い絵を描くはいだしょうこは結婚してる?

右上に書かれている黄色いキャラクターが本物のスプー、真ん中にあるピーマンから手足が生えたみたいなキャラクターがはいだしょうこさんの描いたスプーです。……絶句してしまいますね。本人はこれでもかなり頑張ったようですが、当然当時のうたのおにいさんだった今井ゆうぞうさんは大爆笑。

 

 

この一件ではいだしょうこさんの画伯ともいえる画力は有名になり、ほかの番組でイラストを披露する機会も多くなったとか。世の中何が幸いで仕事が生まれるかわかりませんね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す