スポンサードリンク

夏の食中毒の症状が出たらすぐ××!高熱の回復法と予防の三原則


7月初頭から関東では長雨が続いていましたが、ようやくそれもひと段落しいよいよ本格的な夏が訪れようとしています。この季節に気を付けたいのが何と言っても食中毒

 

 

食中毒といえばO-157が特に有名ですが、それ以外にも危険な食中毒はごまんとあります。
症状が重症化しがちなことでも知られる食中毒ですが、適切な対策があればそのリスクをかなり軽減することができます。さっそく対策法を学んでいきましょう。

 

 

食中毒関連リンク

カンピロバクターにご用心

かわいい名前から鬼のような症状

食中毒予防の三原則

手洗いが何より大切

家庭でできる食中毒予防

調理にも気を使いましょう

外でバーベキューをする時の食中毒予防法

十分加熱しましょう

スポンサードリンク

食中毒は1年中気を付けるべきものですが、現実的には特に夏に発生しやすいです。
厚生労働省も毎年8月を「食品衛生月間」と定めており、夏場(おおむね6月から9月)は特に食中毒が多く発生しています。

 

 

夏場に食中毒が増える理由は実にシンプルです。多くの最近は室温が20度を超えたあたりから活発に行動するようになります。人間の体温ぐらいの温度で増殖スピードが最も速くなります。夏の温度はまさに人間の体温とほぼ同じなので、食中毒が頻繁に発生するというわけです。加えて多くの最近は高湿度な環境で活発になります。日本の高温多湿な環境は、最近にとってはまさに理想郷といえるわけですね。

 

 

もう一つ夏場に食中毒が発生しやすい理由があります。それは抵抗力の低下です。
私たちの体には抵抗力が備わっています。少量の細菌を摂取しても、通常は胃液がそれを殺してしまうので、食中毒にはなりません。しかし、夏場は水分の大量摂取で胃酸が薄まっていることが多く、また暑さで抵抗力も落ちています。そのため、普段なら問題ない程度の最近でも食中毒になってしまうことが多々あります。

 

 

食中毒の原因

食中毒の主な原因は細菌とウイルスです。どちらも似たようなものと考えられているかもしれませんが、最近は自己増殖をするのに対して、ウイルスは腸管内で増殖するという特徴があります。
細菌については前述のとおり、人間の体温くらいの気温で最も活動的になります。一方、ウイルスは二枚貝などに含まれていることもあります。このほか、キノコやフグなどに含まれる自然毒や、化学物質などが食中毒の原因となることもあります。

 

 

食中毒の発生状況

厚生労働省の調査によれば、食中毒が最も多く発生しているのは飲食店です(56%)が、家庭でも発生しています(11%)。そのほか、学校(2%)、事業所(4%)、旅館(6%)などでも発生しています。食品が提供されるほぼすべての場所で食中毒は発生しうるものと考えたほうがいいでしょう。

 

 

食中毒の予防
食中毒の原因を「つけない」「増やさない」「やっつける」ことが食中毒予防の近道です。
「つけない」については、手洗いを入念に行うことが一番大切です。
調理を始める前はもちろん、トイレに行ったり鼻をかんだりした後、生の魚を取り扱う前後などは、必ず手を洗いましょう。

 

 

「増やさない」については、食品を低温で保存するといいでしょう。
多くの最近は常温で増える傾向にあるので、冷蔵庫で冷やしておいてください。
ただし冷蔵庫内の温度でも最近は少しずつですが増殖していきますので、冷蔵庫に入れておけば絶対安全というわけではありません。特に夏は早めに食品を食べきってしまいましょう。

 

 

「やっつける」は加熱処理をするといいでしょう。ほとんどのウイルスや細菌は高熱処理すれば死滅します。
特に肉料理は中心までよく加熱することが大事です。中心部を75℃で1分以上加熱することが目安です。
使った調理器具はよく洗ってから熱湯で殺菌しましょう。

 

 

万が一食中毒の症状が出た場合は、無理をせずにすぐに病院で治療を受けましょう。
水分をしっかり摂取し、医師の処方した薬を飲んでください(下痢止めや吐き気止めを使うと原因物質が外に出ていかないことがあります)。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す