スポンサードリンク

トランプ大統領に関するおもしろ知識まとめ


アメリカ合衆国第45代大統領に就任したドナルド・トランプ。数々の方言で知られる彼ですが、実は世の中に余り出ていないちょっと変わったエピソードがたくさんあります。今回はそんな彼のおもしろ知識をまとめてみました。

スポンサードリンク

トランプ大統領の身長は190cm

大柄なイメージが強いトランプ大統領ですが、実際に彼はかなりの大柄です。性格なデータが無いのでなんとも言えませんが、推測では190cm、体重は107kgとされています。これはリンカーンの193cm、ジョンソンの190.5cmに次ぐ数字です。前大統領のバラク・オバマ氏も185cmとかなりの長身でしたが、それを大幅に上回っています。

ちなみに、アメリカ人男性の平均身長は178cmで、日本の171cmを7cmも上回っています。平均身長が最も高いのはオランダ184cm、最も低いのはインドネシアで158cmです。

70歳での大統領就任は歴代最高齢

トランプ氏の大統領就任時の年齢は70歳。これまで歴代最高齢だったロナルド・レーガン氏の69歳を1つ上回りました。アメリカ大統領就任時の平均年齢は約55歳で、オバマ前大統領が48歳で就任したことを考えると、かなりの高齢であるといえます。

高齢である時になるのが健康問題です。ヒラリー・クリントンの健康問題を盛んに攻め立てていた彼は外科手術も10歳の時から受けたこともなく、がんの発症歴もなく、血圧も110-65と優秀で、比較的体調は安定しています。ただ、そうは言っても高齢であることには変わりなく、大統領在位期間中に何らかの健康問題が発生する可能性は低くないでしょう。

大統領が在位期間中に亡くなった場合、その時点での副大統領が大統領に昇格して代わりを務めることになります。トランプ氏は副大統領に共和党のマイク・ペンス氏を指名しています。

なお、アメリカの大統領制は日本の議院内閣制よりも立法府と行政府の独立が明確になっているため、大統領が議会に不信任案決議をされることはありません。その代わり、大統領も立法ができません(日本の場合は行政府である内閣が立法できます)。

ただし、大統領が法を犯した場合は議会で弾劾裁判に掛けられ、そこで有罪となった場合は大統領は罷免となります。ただし、弾劾裁判でやめさせられた大統領は存在しません。

過去にセクシービデオに出演していた

トランプ氏は民間人時代の1994年、2000年、2001の3回に渡って、成人向け雑誌「プレイボーイ」のビデオに出演しています。当時トランプ氏はすでに社会的な成功を収めており、お金に困って出演したというわけではなさそうです。

2001年のビデオには当時交際中だった現婦人のメラニアさんと一緒に出ています。いずれも猥褻な表現、演出などがあるシーンではありませんでしたが……

トランプの資産は87億ドル

トランプ氏の総資産は約87億ドル、日本円にすれば約1兆円です。現時点での年収はわかりませんが、おそらく大統領になった後の年収(日本円で約4200万円)は民間人時代よりもずっと低いものになるでしょう。

民間人でいれば政治に対して責任を負う必要もなく好き放題言っていられたのに、彼はなぜ大統領を目指したのでしょうか。ひょっとすると、自分自身もまさか当選するとは思っていなかったとか……?

ちなみに、世界の首脳の中で最も年収が高いのはシンガポールで、その金額は日本円で約1億8000万円です。2位の香港行政長官の5300万円を大きく上回る数字であり、一人勝ちと言えそうです。ちなみに、日本の総理大臣の年収は約2460万円ですが、日本の総理大臣は同時に国会議員でもあるため、国会議員としての給料ももらっています。

こちらの年収は約1600万円で、ボーナス(期末手当)なども含めた総理大臣の年収は約5000万円となります。以外にも、アメリカ大統領より日本の総理大臣のほうがたくさんもらっているわけですね。

髪型は幸運を呼び込むためのもの

トランプ大統領と言えば特徴的なのがあの奇妙なヘアスタイル。頭皮を隠すような形になっていることから、実は禿げているのではないかとか、ヅラなのではないかとまで噂されていますが、実はあの髪型は幸運を招く力があるそうなのです。まあ、冷静に考えればあんなにお金を持っているヒトがバレバレのヅラなんて作るわけがないですよね。

代理レスラーを立ててビンスと戦ったことがある

トランプ氏は2007年に、同じく世界有数の億万長者であり、プロレス団体WWEのトップであるビンス・マクマホンと、お互いに代理レスラーを立てて戦ったことがあります。両者ともにカツラ疑惑があり、その疑惑を確かめるための戦いで、負けた方は頭を剃るという条件になっていました。

結果はトランプ氏の代理レスラーであるボビー・ラシュリーがマクマホン氏の代理レスラーであるウマガに見事勝利。トランプ氏はその場でマホクマンの髪の毛を刈り、刈られた髪の毛はインターネットオークションに出品され、約10万円で落札されました。

お酒は呑まず、煙草もやらない

イメージとは裏腹に、トランプ氏は酒、タバコともに一切やりません。特に祖父とアニをアルコール依存症で失っているため、酒に対する忌避感は相当強いようです。 その理由についてABCニュースの出演時には「本当に輝いていた優秀な人たちが人生を台無しにするのを沢山見てきたため」と語っています。自身の会社の中枢を担う人も非飲酒者で固めるほどの力の入れ用ようです。

ノーベル平和賞のノミネートされたことがある

トランプ氏は過去にノーベル平和賞にノミネートされたことがあります。イスラム過激主義、過激派『イラク・シリア・イスラム国(ISIS)』、核開発を目指すイランや共産主義の中国に対する力のイデオロギーを通じた精力的な平和への追求」が評価されたそうですが……

結局、最終的に受賞は果たせませんでしたが、2009年にオバマ大統領が受賞しており、万が一今後彼が受賞するようなことがあれば、2代続けての受賞となります。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す