スポンサードリンク

毒殺された金正男ってどんな人だったの?


先日唐突に暗殺された金正日の長男である金正男氏。色々と謎が多く、最近は居場所を掴まれることすら殆どありませんでしたが、一体彼は生前どこで何をしていたのでしょうか。

スポンサードリンク

金正男氏は1971年生まれの男性です。父親墓の金正日、母親は成蕙琳です。現在の北朝鮮の最高指導者である正恩氏の異母兄弟でもあります。祖父である金日成氏は、彼のことをかなりかわいがっていたといいます。幼少期の経歴などは謎に包まれており、スイスに留学歴があったなどとされていますが、詳細は不明です。

1995年頃から北京で暮らし始めるようになり、上海の経済発展を見て北朝鮮も改革開放をすべきだ、と考えるようになります。金正日の長男であり、後継者に近い立場にありながら、北朝鮮の政治体制に対しては批判的で、それを西側諸国に頻繁に発信していました。

その後、2017年2月13日に突然北朝鮮の工作員とみられる女性に暗殺されてしまいます。事件の全容は未だに明らかになっていません。

後継者問題

儒教文化のある北朝鮮では、一般的に親の事業を後継するのは長男というしきたりがありましたが、金正日にとって金正男氏は隠し子であり、後継者としても考えられていなかったそうです。本人も政治には興味がなく、後継者になる気もなかったようです。ただし金正恩氏が後継者として就任することには反対しており、「滅びるのに。長続きすると思うか」とも発言していたようです。

そんな彼ですが、実は日本に何度か不法入国していたこともあります。来日時に東京ディズニーランドに滞在していたこともあり、偽名で活動していたそうです。2002年にはフランスのディズニーランド・パリにも訪れようとしたものの、フランス政府側に入国を断られてしまったほどのディズニーランドファンでもありました。

生活資金はどこから出ている?

生前は自由気ままにフラフラとしていたイメージの強い彼ですが、一体その生活資金はどこから出てきたのでしょうか。韓国の国家情報院は資金源については公開しなかったものの、以前は張成沢氏から多額の資金援助を受けていたとされています。

張成沢氏は北朝鮮の政治家で、かつては北朝鮮ナンバー2の地位にあったものの、2013年12月に「粛清」されています。ただ、金正男氏は自ら武器取引、IT、エネルギー関連事業も手がけており、張氏が失脚したあともお金には困っていなかったようです。シンガポールの都市部では、数十万円もするバッグを買っている姿が何度も目撃されています。

日本との関係

金正男氏は北朝鮮出身とは思えないほど日本に対して好意的な見方をしています。日本人の愛人がいるとも噂されている他、新橋の焼き鳥屋で日本のサラリーマンと酒を飲んだこともあるとか。とりあえず、金正恩氏よりは遥かに常識的な感性の持ち主であったことは間違いない模様です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す