スポンサードリンク

ポケモンORASでのコータスの育成論は?


炎単タイプの中では珍しく、非常に高い防御力を持つポケモン、コータス。現環境では若干地味な印象がありますが、その防御性能は数値上はクレセリア並であり、うまく使えば圧倒的な耐久性脳で並の物理アタッカーを抑え込むことができます。

一方で物理アタッカーとして採用されやすい地面タイプや岩タイプが弱点なので、受けられる相手は意外と限られています。火力も平凡であり、現環境ではやや動きづらいのも事実。しっかりと育成論を考えて、活路を見出していきましょう。

スポンサードリンク

コータス基本データ

240 ポケモンORASでのコータスの育成論は?

タイプ:炎
2倍弱点:水、地面、岩
1/2耐性:炎、草、氷、虫、鋼、フェアリー

とくせい
しろいけむりorシェルアーマー

種族値
H70 A85 B140 C85 D70 S20

コータスは炎単タイプでありながら受け向けの種族値を持つポケモンです。防御種族値は圧巻の140。HPはどちらかと言えば低めであるものの、HP振りだけで意地っ張りガブリアスの自信も耐えられるほどの耐久性能を持っています。つまり、ほとんどのタイプ一致弱点技を耐えるということです(さすがにもろ刃の頭突きクラスは無理ですが)。

 

 

地面と岩が弱点なためタイプ的には物理受けに適しているとはいいがたいものの、炎や鋼の物理アタッカーにはほぼ何もさせずに完封することが可能です。

 

 

一方で特殊耐久は平均よりもやや下といったところで、等倍以上の特殊技でごり押されると普通に落ちます。いくら物理耐久が高いといっても特殊ポケモンを出されたらそこまでであるため、特殊耐久の高いポケモンと併用していきたいところです。

 

 

攻撃性能はあまり高くありません。攻撃種族値85、特攻種族値85とどちらも若干不足しているうえ、素早さ種族値が20しかないのでほぼ確実に後攻になります。タイプ一致技は特殊なら噴火、大文字、オーバーヒート、火炎放射、ふんえんと豊富にそろっていますが、フレアドライブは習得できません。

 

 

サブウエポンは物理なら地震、馬鹿力、ストーンエッジ、岩石封じ、地割れ、特殊なら大地の力やヘドロ爆弾があります。特に地割れは火力がそれほどでもないコータスにとっては重要な技です。炎+地面+岩の攻撃範囲は魅力的ですが、肝心の火力はいまいちで弱点を突いてなんぼ、といったところです。

 

 

補助技はどくどく、おにび、あくび、てっぺき、度忘れ、ねむる、殻を破るなどがあります。物理受けとしての性能をより高める鬼火や鉄壁はうまく合わせられれば非常に有利になります。度忘れならば特殊もある程度受けられるようになります。殻を破るは強力な積技ですが、最速にして1回積んでも最速100族すら抜けないので選択肢には入りません。

 

 

とくせいはしろいけむりかシェルアーマー。アタッカーならば前者、物理受けならば後者が役立ちます。

 

 

育成論は物理受け型がメインです。とくせいはシェルアーマーが安定しやすいですが、防御を下げてくることを警戒するならしろいけむりもありです。

 

 

努力値はHBが基本になりますが、HDベースにすると不意の特殊技に落ちにくくなるというメリットがあります。仮想的に応じて柔軟に対応したいところです。持ち物は食べ残しや突撃チョッキ、ゴツゴツメットなどから選択になります。

 

 

攻撃技は炎技がほぼ確定、あとはサブウエポンの地震やストーンエッジ、ヘドロ爆弾、地割れ、補助技のあくび、のろい、どくどく、てっぺき、度忘れなどから選択になります。火力がないので相手を流せる地割れやあくびの優先度は高いです。

 

 

対策としては特殊アタッカーで相手をするのが基本になります。水タイプの特殊アタッカーへの対抗策には乏しいですが、耐久水だと毒を入れられることがあります。物理技一発ではタイプ一致+弱点+強化アイテム持ちでもない限り落とせないので相手をしないほうが無難です。

 

 

火力はあまりなく、炎特殊技がメインウエポンになることが多いので、帆の耐性のある高特殊耐久のポケモンでも相手ができます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す