スポンサードリンク

家入レオ・sillyのフル歌詞の意味が深い?PVを見てみよう


若干19歳にして人気アーティストへの道を歩みつつある家入レオさん。
もともとはネット上で有名になったアーティストですが、
最近は「silly」が「nのために」の主題歌として採用されるなど、
一般層の認知も広がりつつあります。そんな彼女の「silly」の歌詞が深いとファンの間では話題になっています。

 

 

家入レオさん関連リンク

家入さん公式ブログ

オフィシャルサイト

髪をバッサリ切ってイメチェン!

私は昔の方が好きです。

小柳ゆきとのコラボ

あなたのキスを数えましょう(提案)

スポンサードリンク

人気ドラマの主題歌はドラマの内容と全然関係ない歌詞の場合も多いのですが、
この曲は「nのために」に合わせて作られた曲だけあって、歌の内容とドラマがきちんとリンクしています。

 

 

「n」が「n」を思う気持ちが切々と表現されており、
ファンからの評価も高いです。歌詞をどう解釈するかは人によって分かれるところかとは思いますが。

歌詞

家入レオって本名なの?

家入レオさんの本名は非公開です。
「家入」は苗字としては珍しいですがまったくないわけでもないですし、
レオも名前としては珍しいですがまったくないわけでもないので、
個人的には芸名がそのまま本名説を推したいと思います。

 

 nのために主人公、窪田正孝が多部未華子とディズニーデート

デビューまでのエピソードは?

家入レオさんが音楽デビューを真剣に志すようになったきっかけは、
尾崎豊の15の夜を聞いたことだそうです。
私個人的には15の夜は他人のものを盗む泥棒の独りよがりという感じがしてあまり好きじゃないのですが……まあ、好みは人それぞれですからね。

 

 

家庭内はかなり複雑だったそうで、幼少期は家庭の事情により家を転々としていました。
人間に対する不信感は強く、子供のころには「愛なんていつも残酷でもう祈る価値ないよ
という言葉をおまじないとして唱えていたようです。

今はまだ若いからいいですが、年を取った後布団の中でのたうち回ってしまいそうな言葉ですね。

 

 

で、結局家庭にも学校にも自分の居場所を見いだせなかった家入さんは、
音楽に対する情熱を具現化するために音楽学校に通うことになりました。

 

 

本当は正規のオーディションで手続きを経る必要があるのですが、
家入さんは結果を待ちきれず直接音楽学校まで出向いて、
プロデューサーと面会して

 

 

あなたは私に何を教えてくれる人ですか?

と発言したそうです。

 

 

なんかメディアではこういう発言をするなんて家入さんすごい、
みたいな空気が漂ってますけど、普通に失礼な話ですよね。
プロデューサーに対する礼儀もそうですが、きちんとルールを守ってオーディションを受けた人たちが気の毒です。

 

理研小保方、人生に詰みかける

彼女は辛い日々を過ごしていたのかもしれませんが、それを他人にぶつけちゃあいけません。
苦労しても謙虚に生きている人も居ます。彼女にもそういう人になってほしいものです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

4件のコメント

  • 匿名

    嫌いなら嫌いってハッキリ言った方が良いですよ。

  • 匿名

    え、何を伝えたいんですか?
    人にはあまり知られたくない事だってありますよね。
    家入レオさんは、その困難を力に変えたんです。
    嫌いなら、発言しない方がいいですよ。アンチとか本当に見苦しいです。

  • 匿名

    なんだか悲しくなりました

  • 匿名

    このブログこそ、sillyですね

コメントを残す