スポンサードリンク

秦基博のひまわりの約束、水彩の月などの歌詞は?彼女はいるの?


シンガーソングライターの秦基博さん。その独特の魅力的な声質に惹かれ、ファンになったという方も少なくありません。その声は「鋼と硝子でできた声」と称されていることからもわかるように、武骨さと繊細さが入り混じっています。以前はテレビでaikoさんの「カブトムシ」を披露し、その歌声がネット上で話題となりました。

 

 

そんな秦基博さんの人となりについて調べてみましたので、ここで報告します。

 

 

秦基博さん関連リンク

秦基博公式サイト

見やすいサイトです

秦基博の魅力は?

やっぱり声?

CDTVに秦基博が出演

いきものがかりと共演

秦基博の写真

ファッションセンスに注目

スポンサードリンク

まずは秦基博さんの経歴を振り返ってみましょう。1980年生まれの34歳、宮崎県日南市の生まれです。
小学生2年の時に横浜市に引っ越し、小学生6年の時に初めてギターを触ります。
中学生時代から作曲を行うようになり、高校生のころから本腰を入れて音楽を始めます。

 

 

その後はしばらく横浜、渋谷などでストリートミュージシャンをしていました。
このころはたいして話題にもならなかったのですが、2004年に発表したインディーズアルバム「オレンジの背景の赤い生物」はマイナーな音楽ファンの中で話題となります。

 

 

 

現在は廃盤となっており、AMAZONでの価格は中古品でも4万円以上となっています。
こうした活動が認められ、2006年にはオフィスオーガスタと契約を結びます。
同年11月にはシングル「シンクロ」をリリースし、メジャーデビューを果たします。

 

 

その後はコンスタントに新曲を発表。2009年1月に発売された「朝が来る前に」では自身初となるトップ10入りを果たします。2014年に発売された「ひまわりの約束」は、27週連続でオリコンにチャートインするロングヒット作となりました。2015年6月3日には新曲「水彩の月」が発売されました。

 

 

秦基博さんはいわゆるシンガーソングライターで、作詞作曲、編曲もすべて自分で行っています。
特に歌詞は人の心を揺さぶるものが多いと方々で高い評価を受けています。
歌声は繊細かつ大胆で、歌唱力自体はそれほど高いわけではないのですが声でカバーしている面があります。

 

 

さて、ここからは秦基博さんの人となりについて説明していきたいと思います。
身長は178cmと結構長身です。どうやら学生時代にバスケットボールをしていたみたいですね。

 

 

また、一部では韓国人ではないかとも言われています。
といってもその根拠は非常に弱く、彼の顔立ちが韓国人っぽいというだけです。
確かに名前も日本人としては珍しい部類に入るかと思いますが、出身地は宮崎県日南市生まれと公表されていますし、まあ純粋な日本人とみて間違いないでしょう。

 

 

また、彼女についてもいろいろな噂がありますが、実は2009年4月にすでに結婚されています。
デビュー(2006年)前から付き合っていたということなので、交際期間は結構長かったみたいです。
お相手の方は一般人ということもあり、名前や顔は非公開です。また、娘さんが一人います。
こちらも名前や顔は非公開ですが、秦基博さんは娘に対して「Girl」という曲を作っています。
この曲はヨコハマタイヤのCMソングにも採用されて一ます。

 

 

このことから想像するに、結構な親ばかなんでしょうね。
性格については「話してみると優しい人だけど、第一印象は結構冷たい感じがする」とのこと。
もしかしたら第一印象で損をしてしまうタイプなのかもしれません。

 

 

また、秦基博さんは3人兄弟の末っ子です。秦基博さんがギターを始めたきっかけは上の方のお兄さんからギターを譲り受けたことです。お兄さんがいなければ今の秦基博さんはなかったといっても過言ではありませんね。

 

 

最後に、秦基博さんの新曲「水彩の月」を聞きながらお別れしたいと思います。最近は公式が自ら動画を上げてくれるのでうれしいですよね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す