スポンサードリンク

アンネフランクの日記のあらすじと内容は?隠れ家と画像は?


アンネの日記という文学作品のタイトルをご存じの方は多いかと思います。
しかし、その内容までをご存じの方は意外と少ないのではないでしょうか。

 

 

人前で何気なくこういう作品の話をして知性的なところを見せたいけど、
でも実際にの読むのは面倒だし、何より昔の作品に興味がない……
今回はそんな方のために人前でのアンネフランクの日記に最低限合わせられるだけの知識を提供したいと思います。

 

 

アンネフランク関連リンク

アンネの日記が図書館で破られる!

犯人の目的はいったい……?

アンネの日記にはゴーストライター疑惑があった!

新垣隆氏もびっくり

犯人は結局不起訴に

心神喪失ってなんだ?

アンネの日記は英語にもなっている

もちろん日本語版もあります

スポンサードリンク

アンネの日記はユダヤ系ドイツ人の女性、アンネフランクが書き記したとされている日記です。第二次世界大戦中、ドイツ占領下によるアムステルダム(オランダ)を舞台としており、そこでドイツの秘密警察の目を逃れながらひたすら日陰に生きるユダヤ人の生き方を描いたドキュメンタリー作品です。

 

 

もともとアンネフランクは裕福な家庭で育っていました。
しかし、ドイツのナチス軍の進行により、ユダヤ人が迫害される様になると、
彼女たちは家の屋根裏に隠れて住む生活を始めます。

 

 

日記なので筋経ったストーリーがあるわけではありませんが、
日記からはアンネフランクという一人の少女の考え方、
引いてはナチスドイツに対する怒りが伝わってきます。

 

 
アンネたち7人は屋根裏で身をひそめ、咳すら出せないほど静かに暮らしていきます。
その中で同居人同士の対立が起きたり、元の生活に戻れた時のことを考えたりしながら生きていたアンネ。

 

 

登場人物のひとり、ペーター・ファン・ペルスがアンネと恋仲に落ちる描写もありますが、その日記はドイツの保安警察の職員がアンネたちを逮捕したことによって唐突に終わってしまいます。

 

 

アンネが逮捕された後、難を逃れたミープ・ヒースとベップ・フォスキュイルは散らばったアンネの日記を保存し、終戦を迎えます。

 
アンネは戦時中に強制収容所で病死しますが、
彼女の父であるオットー・フランクは戦争後も生き残り、
1947年に日記が彼の手元に戻ってきます。

 

 

彼は文書を編集知ってまとめ、アンネやフランク一家を良く知る人に配ります。
やがてその日記は口コミを通じて社会に広く認知されるようになり、本格的な出版に至ります。今では日本語、英語など数多くの言語に翻訳されています。

 

 

一時期はこの日記の真贋が問われていたこともあります。
日記では母親に対する辛辣な批判が述べられていたことから、
こうした文言を削除する動きもあります。とりあえず現代では原本がアンネフランク本人の手によって書かれたものであると結論付けられています。

 

 

アンネフランク自身は父親に対しては純粋な尊敬の念を抱いていたものの、
母親に対してはあまりいい感情を抱いていなかったようです。
こうした思春期独特の少女の揺れ動く気持ちも日記の一部だと思いますが、
まあアンネの日記の大儀である「戦争の悲惨さを伝える」という…とは関係ないですからね。

 

 

アンネ自身がこの一期をこれだけ多くの人に見てもらうことを望んでいたかもよくわかりませんし、ある程度後世の人によって編集されるのは仕方のないことなのかもしれません。

 

 

ちなみに、彼女が隠れ家にしていた家はオランダのアムステルダムにあります。
現在はアンネフランク財団の持ち物となっており、人種差別に反対する活動家の拠点となっています。外壁は改装されており当時とは様変わりしていますが、
内部は基本的に以前の状態が保持されています。

 

 

オランダまで行くのが大変だという場合は、広島県福山市ホロコースト記念館に行くといいでしょう。ここでは彼女の隠れ家がそのまま再現されています。

 

 

ちなみに、よくある勘違いですがアンネフランクの死因はガス室送りではなくチフスです。
まあ、彼女の死因がチフスだろうとガス室だろうとナチスの行為が肯定されることはないと思いますが。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す