スポンサードリンク

石井ふく子は日村に似ている?坂上忍と誕生日会?


間もなく90歳を迎えられる超ベテラン脚本家の石井ふく子さん。
中でも橋田寿賀子さんとタッグを組んだ「渡る世間は鬼ばかり」は20年来の大ヒット作品となりました。

 

 

近年はメディアでの活動はめったに見られなくなりましたが、脚本家としての活動をやめたわけではもちろんありません。6月8日午後9時からはTBSで水谷豊さん主演の特別ドラマ「居酒屋もへじ4 恋という字」が放送されます。お楽しみに。

 

 

石井ふく子さん関連リンク

橋田寿賀子と石井ふく子の対談

二人合わせて177歳

石井ふく子の渡鬼復活への思い

どうなるんでしょうか

現場に宇津井健さんの写真は置かない

意気込んでいます

石井ふく子著作品集

とってもリーズナブル

スポンサードリンク

石井ふく子さんは1926年生まれの舞台演出家・脚本家です。
東京女子経済専門学校を卒業後、女優などを経てTBSに入社します。
1960年代から1970年代にかけてTBSの様々なテレビドラマに携わっており、橋田寿賀子さんとのコンビでできた「渡る世間は鬼ばかり」は20年以上続く大ヒット作となりました。

 

 

それ以外の代表作は「女と味噌汁」「肝っ玉 かあさん」「ありがとう」など。
たとえ石井ふく子さんの名前は知らなくても、このドラマはよく見ていたという50代~60代の方は多いのではないでしょうか。

 

 

1974年にTBSを退社。その後は名目上はフリーの脚本家になりましたが、
事実上はTBS専属の脚本家でした。2000年頃からテレビ朝日など他社でのプロデュースも増えてきました。

 

 

現在88歳ですが、今もなお脚本家・プロデューサーとして活躍されています。
さて、繰り返しになりますが石井ふく子さんといえば渡る世間は鬼ばかりです。
この作品は20年以上続く長寿作品でしたが、それゆえに共演者がシリーズの途中で亡くなることもありました。

 

 

初回から小料理屋・おかくらの主人である岡倉大吉を演じた藤岡琢也さんが2006年に死去。
その跡を継いだ宇津井健さんも2010年に亡くなり、作品の方向もそれに合わせて変化することになりました。作中で実際に岡倉大吉は亡くなったことになっており、相続で家族が衝突する様が描かれました。

 

 

確かに相続ってのはいろいろともめますからね。うちは大した財産がないからと高をくくっていると、自宅の評価額が高くなるなどして思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるのが怖いです。最近は相続税の控除額が小さくなったことにより事実上増税となりましたし、すべての人が考えておかなければならないテーマなのかもしれません。

 

 

このことについて石井ふく子さんは、藤岡さん、宇津井さんに続く3人目を立てることも考えたようですが、橋田寿賀子さんとも話し合った結果それはやめることにしたそうです。
それよりも岡倉大吉の周りを描きたいという気持ちが強かったため、このようなストーリーを選んだそうです。

 

 

石井ふく子さんは芸能界との交流が深いため、いろいろな芸能人と交友関係があります。
今大人気の毒舌芸能人である坂上忍さんともテレビドラマ「ありがとう」交友があり、坂上さんは「礼儀でものすごく怒られた」とテレビで話していました。

 

 

ちなみに、石井ふく子さんは世界最高現役プロデューサーとしてギネスブックに名前が載っています。88回目の誕生日の際にはそのことも一緒にお祝いしたのだとか。
この誕生日会に参加した小林綾さんのブログによれば、石井ふく子さんは今でも闊達で頭のよく回る方なのだとか。90まで生きられなかったり、認知症になってしまったりする人も多い中で、この年まで現役プロデューサーでいられるのはとても素晴らしいことですね。

 

 

ただ、近年の社会保障費の増大を見ると長生きを手放しで喜ぶことはできませんが……。

 

 

ちなみに、どうでもいいトピックスですが、石井ふく子さんは最近バナナマンの日村さんに似てきています。写真があるので比べてみましょう。

t02200124 0800045012311935309 石井ふく子は日村に似ている?坂上忍と誕生日会?



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す