スポンサードリンク

KAT-TUN上田竜也の公式ブログがおもしろい?彼女はどんな人?


最近は以前と比べるとあまりメディアで見かけなくなった感のあるKAT-TUNの面々ですが、
もちろん芸能界から消えたわけではなく、今でも精力的に活動しています。
中でも上田竜也さんは特技のボクシングを生かしてたびたびスポーツ番組に出演されています。

上田竜也がやばい?

別にやばくはなかった

歴代髪型集

ロングの方が似合っていると思います

上田竜也bot集

至言集

クレイジーだね

キャラ迷走中

スポンサードリンク

いかにも筋肉質といった体型の上田竜也さんですが、
意外にも身長171cmに対して体重は53kgしかありません。
いわゆる脂肪の上に筋肉が乗ったガチムチではなく、
無駄な肉のない細マッチョといった感じですね。まあ、ジャニーズ系アイドルにガチムチは似合わないと思いますが……。

 

 

その体型は上田さんの母親も認めていますが、
その一方で上田さんのボクシング好きには懸念を感じているらしく、
鍛えているからと言って無理はしないでほしい、芸能活動のためにも怪我はしないようにしてほしい」と忠告されたというエピソードをある番組で披露していました。

 

 

何気ない親子の会話かもしれませんが、結構ほっこりするいいエピソードですよね。
体を鍛えることは上田さんにとってはライフワークであり、そのことは認めつつもしっかりと上田さんの体を気遣う。良いお母さんだと思います。

 

 

上田竜也の名言集

上田さんといえばその独特の言語センスでも知られています。
なかなか哲学的な発言をすることも多く、中でも「死んだら俺の魂はどうなるのかって考えるだけで怖くなる」といった意味深長な発言でファンを驚かせたこともあります。

 

 

私も昔はこういうことをよく考えたものですね。
昔は単純に死ぬことが怖かったですが、最近はむしろ死よりもその過程の老いの方が怖くなりました。多くの中高年がいわゆる「ピンピンコロリ」を望む理由が少しわかった気がします。

 

 

また、自身の評価については「みんなが望むようになれるアイドルにはなれない」と思っている一方でちやほやされるのは大好きとのことです。冗談めかして語っていましたが、結構本質を突いた発言だと思いませんか?

 

 

アイドル候補の中でも売れるのは一握りだけで、その中でも本当のスターになれるのはわずか数組。芸能界で人気者になることは、太平洋の真ん中に投げ込まれた10円玉を探すことより難しいかもしれません。

 

 

上田さんはその圧倒的に冷酷な現実と向き合いながらも、
自身がアイドルになった初心を忘れず、皆を楽しませる発言をしています。
こういう機転の良さは見習いたいですね。

 

 

上田竜也はブログをやっている?

結論から言えば上田さんはブログをやられていません。
というか、ジャニーズ系アイドルでブログをやっている人というのがほとんど見つかりませんでした。

 

 

ファンブログはそれこそ山のようにあるんですけれどね。
やっぱりアイドルの神秘性を保つためには早々に人前で語らないことも大事なのかもしれません。AKBはその真逆を言って成功しましたが……。まあ、考え方は人それぞれです。

 

 

上田竜也さんの彼女は?

上田さんの彼女と寝都で噂されているのが小林涼子さんです。
この方は若手女優の方で、上田さんとは2009年に「ロミオとジュリエット」で共演されています。

 

 

正直なところ上田さんと比べるとまだまだ知名度は低いです。
共演中に中を深めたのは間違いないですが、どうやって芸能人としては格上の上田さんを落としたのか気になるところですね。

 

 

上田さんと亀梨さんの関係は?

両者ともに喧嘩っ早く以前は殴り合いのけんかをしたことがあります。
しかしそれは大昔の話で、大人になった両者はそのことについては「あの時は子供だった」と振りかえっています。

 

 

まあ、手を出すのはいけないことかもしれませんが、
本気で喧嘩をすることも時には必要ですよね、とその相手がいない私が行ってみたところで今回はここまでです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

5件のコメント

  • KAT-TUNのなかでも上田竜也さんが好きです。

  • Kitten

    上田 竜也 さん大好きです!

  • かな

    上田竜也くんかわいい大好き♥

  • 鈴木依織

    まじ、かっこいい‼️上田君が大好き💕

  • まな

    ストレートに生きてる。
    生き方が好き。

コメントを残す