スポンサードリンク

高いコレステロールを下げるのには意味がない?食事制限は無駄?


世の中には健康にいいとされていることや、健康に悪いとされていることがたくさんあります。
しかもその常識は一朝一夕で変わることもあるため、もう何を信じていいのかわかりません。
最近は悪名高いコレステロールの摂取を制限する必要はないという指針をアメリカ厚労省農務省が発表しましたが、果たして本当にコレステロールを無視していいのでしょうか?

 

 

健康情報関連リンク

主治医が見つかる診療所

月曜午後8時から放送中

たけしのみんなの家庭の医学

火曜午後8時から放送中

駆け込みドクター!

日曜午後7時から放送中

NHK きょうの健康

毎週月曜-木曜午後8時30分から放送中

スポンサードリンク

そもそもコレステロールとは何でしょうか。
コレステロールは体内に存在する脂質の一つです。
副腎皮質ホルモンや胆汁酸などを作る役割があります。

 

 

コレステロールにはLDLコレステロール(悪玉コレステロール)と、
HDLコレステロール(善玉コレステロール)があります。

 

 

悪玉コレステロールは体に必要なコレステロールを血流に乗って運びます。
ただしこれがあまりに多すぎると血管内壁にとどまってしまい、動脈硬化の原因となります。
一方、善玉コレステロールは余ったコレステロールを運び出します。

 

 

一般的に悪玉コレステロールが多かったり、善玉コレステロールが少なかったりすると脂質異常症と診断されます。具体的には空腹採血時に

 

 

悪玉コレステロールが140mg/dl以上
善玉コレステロールが40mg/dl未満

 

 

の少なくともいずれか一方を満たしている場合は脂質異常症と判断されます。
コレステロールは高くても低くてもいろいろと問題が起こるのですが、
実際の場合は悪玉コレステロールの多さが問題視されることがほとんどです。

 

 

世の中には悪玉コレステロールを下げると宣伝されている食べ物がたくさんあります。
たとえば、イワシなどの魚に多く含まれているドコサヘキサエン酸はコレステロールを下げる効果があるといわれています。

 

 

また、納豆も血栓を予防し悪玉コレステロールを下げるといわれています。

 

 

このような記述は厚生労働省のホームページにも記載されています。
ホームページ内では飽和脂肪酸を多く含む脂質の多い肉やポテトチップ、
即席めんなどは血中の悪玉コレステロールを増やす可能性が高いこと。
そして飽和脂肪酸を多く含む果物や野菜、海藻類などは悪玉コレステロールを下げるという記述があります。

 

 

この記述は厚生労働省に限った話ではなく、多くのウェブサイトや本で見られます。
しかし、このたびアメリカ厚生省と農務省の「食事指針諮問委員会」が発表した指針は、それとはまるで別のものでした。

 

 

彼らの発表によれば、食事によってコレステロールを減らす必要はないのだそうです。
そもそも、人間の体内ではコレステロールを作っています。
割合的には体内で作られるコレステロールが7、食事でとるコレステロールが3です。

 

 

もともと食事で体内に摂取されるコレステロールの割合が少なく、
また動脈硬化などのリスクを高める「血清コレステロール」と、「食事によるコレステロール摂取」の間には明確な関係性がないと彼らは報告しています。

 

 

仮に一時的にコレステロールを取りすぎてもすぐに脂質異常症になることもないのだとか。
今まで悪玉コレステロールの摂取は一概に悪と考えられてきましたが、今回の発表はその常識を覆すものとなりそうです。

 

 

それにしても健康ネタ界隈ではこのような常識の急変がいきなり起きるから恐ろしいですよね。
健康にいいからと始めたことが実は健康に悪影響を与えていたり、
摂取を辞めた食べ物の中に実は有用な成分が入っていたりするから、何を食べればいいのかもうわかりません。

 

 

まあ、今回の発表が仮に正しかったとしても、だからと言って暴飲暴食をしていいわけではありません
脂質異常症のリスクは変わらないかもしれませんが、他の病気のリスクを抱えてしまっては意味がありません。

 

 

皆さんも食事には気をつけましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す