スポンサードリンク

高齢者や30代女性が夜間頻尿になる原因は?改善のカギは●●にあった!


最近はめっきり寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は暖房代がもったいないので、布団を頭からかぶりながらこの記事を書いています。
この季節になると悩まされる病気に夜間頻尿があります。若い人はそれほど感じないかもしれませんが、
高齢者、女性の場合は30代や40代でも夜間頻尿に悩む人は少なくありません。

 

 

今回はそんな夜間頻尿の原因と改善方法について考えていきたいと思います。

 

 

夜間頻尿関連リンク

きつかわクリニックによる解説

まずは病院へ

日本泌尿器科学会の解説

原因を知り、治療に当たろう

NHKでも特集される

放置すると恐ろしいことに……

YAHOO知恵袋で質問してみよう

悩んでいる人は少なくありません

スポンサードリンク

夜間頻尿って何?

夜間頻尿とは具体的には「眠りについた後、排尿のために1回以上起きなければいけないという悩みがある状態」を指します。ポイントは「1回以上起きなければいけないという悩みがある」という表現です。
時々夜トイレのために起きることがあっても、悩んでいなければ夜間頻尿ではありません。

 

 

しかし、毎晩のようにトイレに起きていて、その結果生活や睡眠の質が下がっているとしたら、
それは立派な夜間頻尿といえます。

 

 

そして、夜間頻尿は年を重ねるにしたがって増加していきます。
歳を重ねるごとにトイレが近くなるのは当たり前のことですが、
たとえば同じ50歳の人でも夜間頻尿になる人も居ればならない人も居ます。

 

 

夜間頻尿になる人とならない人には、どんな差があるのでしょうか。

 

夜間頻尿の原因は?

夜間頻尿の原因は大きく分けて二つ。夜間多尿膀胱容量の減少です。

 

 

夜間多尿とはそのまま夜の尿量が多いことです。
通常、人間の体は起きている最中にたくさん尿を作り
寝ているときはあまり尿を作りません。この機能のおかげで、健康な人は睡眠中に7時間も8時間もトイレに行かなくて済むわけです。

 

 

しかし、歳を重ねるにしたがってだんだん心臓や腎臓が弱くなると、
夜間に作られる尿量が増えてしまいます。また、薬の影響で夜間多尿になることもあります。

 

 

一方、膀胱容量の減少は読んでそのまま膀胱の容量が減少することです。
膀胱が小さくなれば当然、トイレは近くなります。

 

 

膀胱が小さくなる原因としては、前立腺肥大症、過活動膀胱などが挙げられます。
これらの原因は一つだけが独立して存在しているとは限らず、
複数の原因が複雑に絡み合って夜間頻尿を引き起こしていることもあります。

 

 

改善方法は?

改善方法は医師に聞くのが一番ですが、いきなり病院に駆け込んでなんとかしてくださいといってはいけません。夜間頻尿と一口に行ってもその症状や重症度は様々です。
まずは落ち着いて自分の症状を伝えることが大切です。

 

 

まずは病院にかかる前に排尿日記をつけてみましょう。
尿量が図れる紙コップを購入して、毎回の排尿量、排尿時間を記録するのです。
こうしてデータを取っていくことにより、自身が今どの程度の頻尿なのかがわかります。

 

 

排尿日誌が完成したら医師に相談に行きましょう。
医師はあなたが夜間頻尿になった原因を探り当ててくれるはずですので、
あなたはそれに従って治療を行う必要があります。

 

 

もし夜間頻尿の原因が糖尿病や前立腺肥大症などの病気にある場合は、
その根本となる病気を治療することにって夜間頻尿も劇的に改善されることが多いです。

 

 

また、夜間多尿の場合には、夜間多尿のもととなっている原因を特定します。
水分摂取の方が原因の場合は適切な水分摂取をするように心がけてください。
心臓機能低下が原因の場合は、その病気の治療を行います。

 

 

まずは何より原因を特定することが大切です。
原因さえわかれば夜間頻尿は半分治ったようなものです。
そして原因を特定するには、やはり詩に見てもらうのが一番です。
夜間頻尿は一人で悩んでいたところで改善するものではありません。

 

 

まずは少しの勇気を持って泌尿器科の門をたたくことが大切です。
痛い検査などはないので、安心してください。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す