スポンサードリンク

明日から大相撲夏場所!今回の見所は?


明日から大相撲夏場所が始まります。ということで、今回は夏場所の見どころを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

横綱2場所目・稀勢の里は怪我の影響大きいか

先場所劇的な逆転優勝を果たした横綱・稀勢の里。春場所中に上腕を痛めた影響で調整が遅れていましたが、直前になって出場を決意。初日は小結・嘉風戦、2日目は隠岐の海戦が組まれました。

3月の春巡業を全休し、部屋での稽古でも実戦形式のものはほとんどできなかったということで、不安材料はたくさんあり、3場所連続の優勝はかなり厳しいものとなりそうです。個人的には無理をせず休んでほしいと思っていますが……

雪辱狙う白鵬は好調

一方、ここ1年優勝がない白鵬は順調な仕上がりをアピール。稽古総見では平幕力士3人を相手に9番を取り全勝。日馬富士は大関取りを狙う高安と10番、豪栄道は照ノ富士、鶴竜と15番を取りました。

高安は大関に向けて調整順調

初めて大関取りに挑んだ2016年九州場所は7勝8杯と苦い成績に終わった高安でしたが、その後初場所で11勝、春場所では12勝を挙げており、今場所は自身2度目の大関取りの場所となります。ここのところ体も大きくなっており、稽古でも苦手な突き押しを持つ力士と積極的に稽古をこなしています。

先場所は自身初となる初日からの10連勝を記録し、優勝争いにも加わるなど、経験も順調に積んでいます。今場所優勝しての大関昇進に期待したいところです。

新入幕は若い2人

今場所新入幕を果たしたのは20歳の阿武咲と23歳の豊山の2人です。豊山は初となる三段目付け出し力士で、ここまで1場所たりとも負け越したことがなく、今場所も活躍が期待されます。阿武咲は18歳で新十両を果たしたあとやや足踏みしましたが、今年に入ってから得意手の押しの威力が増し、見事新入幕を手にしました。若い力で暴れまわってほしいです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

1件のコメント

コメントを残す