スポンサードリンク

タレント弁護士の大渕愛子が業務停止、子どもや出産の影響は?


「行列のできる法律相談所」にも出演しており、最近はタレントとしても活躍している大渕愛子弁護士が、日本司法支援センター(法テラス)の代理援助制度を利用した依頼者から不当に報酬を受け取っていたとして、東京弁護士会から業務停止1ヶ月の処分を受けました。

スポンサードリンク

大渕弁護士は1977年生まれの日本の弁護士です。アムール法律事務所代表、東京弁護士会所属。大学在学中の1999年に旧司法試験に合格し、糸賀法律事務所の弁護士として活動します。2010年に独立し、法律事務所インフィニティを解説。2011年にはアムール法律事務所に改名し、離婚や親権、子供の権利、セクハラ・パワハラなどを取り扱う弁護士事務所の代表として活動します。

 

2011年から住田裕子弁護士の跡をつぎ「行列のできる法律相談所」に出演するなど、人気を博していました。

 

私生活では船橋市のキャラクター「ふなっしー」の大ファンで、仕事机の周辺にはたくさんのふなっしーグッズが溢れかえっています。糸賀法律事務所時代に一度同僚の弁護士と結婚していたもののその後離婚し、2014年に俳優の金山一彦さんと再婚しています。

 

2015年3月26日には二人の間に長男が誕生、現在は金山さんがほとんどの家事を担当しているようです。それに伴い金山さんは大幅にタレント活動を縮小しましたが、2016年には「科捜研の女」にも出演しています。

 

大渕弁護士は何をしたのか

さて、東京弁護士会から懲戒処分を受けた大渕弁護士でしたが、そもそも彼女は一体何をしたのでしょうか。東京弁護士会によれば、大渕弁護士は2010年に女性から養育費請求の依頼を受任しており、その際に女性は法テラスの援助制度を利用しています。

 

法テラスとは、国民にとって身近な法律相談所の一つであり、無料で弁護士会や司法書士会、消費者団体などを紹介してもらうことができる場所です。法テラスには収入要件と資産要件があり、一定以下の収入、及び資産を持っている人は利用ができません。身も蓋もない言い方をしてしまえば、街中の弁護士事務所では依頼ができないお金がない人向けのサービスです。

 

そして、法テラスには費用の立替制度があります。まず、法テラスが弁護士や司法書士に対して立替支払いを行い、その後利用者が法テラスに対して費用を分割払いします。事件の相手方からお金を受け取る場合は、費用はその受け取ったお金から弁護士・司法書士に直接支払います。

 

現在の法テラスの制度では、利用者が法テラスの援助制度を利用した場合、弁護士が依頼人から直接報酬を受け取ることはできないと定められています。しかし、大渕弁護士は女性から直接17万8500円を受け取っており、このことが今回問題になったわけです。女性はその後支払ったお金の返金を求めたものの、大渕弁護士は拒絶。弁護士会役員の説得によって、返金したという過去があります。

 

自体を重大視した東京弁護士会は大渕弁護士に対して業務停止を下しました。弁護士の懲戒は全部で4つあり、軽い順に(1)戒告(反省を求め戒める処分)、(2)2年以内の業務停止、(3)退会命令(弁護士の身分を失い活動はできなくなるが資格は失わない)(4)除名(弁護士の身分を失い3年間は資格も失う)となっています。業務停止は2番目に軽い処分で、停止期間は1ヶ月です。

 

大渕弁護士は処分について「不服は無い。弁護士という職業上、信頼性は大切」などと述べており、「私の法テラスに関する認識不足がすべて」と反省していましたが、同じ事務所の顧問弁護士である元大阪市長の橋下徹さんは「処分が重すぎる」と異議申し立てを勧めています。

 

法テラスの問題点

今回の事件で思いがけずスポットがあたって法テラスは実は意外と問題が多い場所です。法テラスの勤務弁護士は総じて報酬が低く、所属している弁護士のモチベーションは低いとされています。また、弁護士の能力にも疑問符がつく(事務所の稼ぎだけでやっていけない弁護士が所属するため)とされており、また利用者もお金がないため費用の未納などがしばしば起こります。お金に余裕がある人は、街の弁護士事務所を利用した方がいいでしょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す