スポンサードリンク

ハンダース小林まさひろががん?余命Xカ月との情報も


1970年代に人気を博したお笑いユニットザ・ハンダーズ。
お笑い芸人でありながら、1978年に発売された「ハンダースの想い出の渚」は30万枚以上のセールスを記録するなど、幅広い活動をしていたことが特徴でした。

 

 

そのメンバーの中でもリーダー格だったのが小林まさひろさんです。
本人の意思に反する形でハンダースを脱退させられ、一時期は芸能界から完全に引退した彼ですが、
近年は再び芸能界を始めていました。そんな小林さんのがんが発覚したのは2014年のこと。
現在の小林さんは一説によれば余命3か月とも言われているそうですが……。

 

 

小林まさひろさん関連リンク

小林雅裕

別人一号

小林政広

別人二号

小林正寛

別人三号

小林まさひろ、フグ調理師になる

本人

スポンサードリンク

まずは小林まさひろさんの経歴を振り返ってみましょう。1953年生まれの61歳、出身地は横浜です。
1972年に素人参加型バラエティ番組に出演し、その後お笑いユニット「ハンダース」を結成します。ハンダースのメンバーは清水アキラさん、桜金造さん、アゴ勇さん、アパッチけんさん、鈴木末吉さん、そして小林まさひろさんの6人です。

 

 

ユニット名のハンダースはメンバーの人数が1ダース(12)の半分であることに由来しています。

 

 

このうち現在もほとんどのメンバーが芸能界で活動されていますが、小林まさひろさんはすぐにハンダースを引退します。
デビュー時のプロモーション(営団地下鉄銀座線の全区間ルートに相当する距離を休まずに歩く)を桜金造さんがサボったことに対して、リーダー格と人間として責任を取るためです。

 

 

その後は主に俳優として活躍しますが、結婚してフグ調理師の免許を取ると芸能界を引退。1985年に東京都赤坂でフグ料理店を開業します。
その後は50歳を過ぎてからボクサーになり、東日本大震災の直後に赤坂の店を鶴見に移転するなど精力的に活動されていました。近年は芸能活動もぽつぽつと行っています。

 

 

そんな小林まさひろさんががん宣告をされたのは2014年1月のこと。
その後も点滴治療などをしてきましたが癌は消えず、2014年5月には余命3カ月といわれています。それでもあきらめずに治療を行った結果、宣告から1年がたった今でもご存命です。

 

 

がん宣告を機に自分がいずれ死ぬということとも向き合うようになり、現在は鶴見のフグ料理屋の経営と並行して終活を行っているそうです。

 

 

そのほかの小林まさひろさんについて

小林まさひろさんという有名人は実は他にもいらっしゃいます。

 

 

小林雅裕さんはモータースポーツ(モトクロス)の選手です。2014年8月に阿曽で行われた試合では優勝するなど、実力のある選手です。

 

 

小林政広さんは映画監督です。デビュー当初はピンク映画の名脚本家として名をはせていましたが、その後は社会派に作風を転向します。

 

 

イラクで起きた日本人人質事件を基にした映画「バッシング」は東京フィルメックスで最高賞を、テヘラン・ファジル国際映画祭では審査員特別賞を受賞するなど話題となりました。

 

 

2012年には当時話題となっていた年金不正受給をテーマにした「日本の悲劇」を撮影。その独特な姿勢と諫誠が話題となりました。主演は仲代達也さんです。

 

 

小林正寛さんは俳優です。不機嫌な果実、聖者の行進といった知名度の高いドラマに多数出演しており、2003年の白い巨塔で俳優としての地位を確立しました。
意地悪ばあさんのようなコメディチックな作品、水戸黄門や功名が辻などの時代劇、仮面ライダーかぶとのような子供向け特撮番組など、いろいろな種類のドラマに出演されている実力派俳優です。

 

 

身長191cmと非常に長身で、小学生の時にはすでに180cmを超えていたそうです。

 

 

このように同姓同名の有名人が多数いる小林まさひろさんですが、彼らとはただ名前が一緒なだけであり、特に交友などはないみたいですね。当たり前といえば当たり前ですが。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す