スポンサードリンク

今いくよが胃がんになっていた!誕生日に復帰果たす


関西の人気ベテラン漫才師、今いくよ・くるよの今いくよ師匠が胃がんになって居たことをご存じでしたか?

 

 

相方の今くるよさんとは対照的な細い体型ですが、あの体型が胃がんにつながったのでしょうか?それとも他にもっと大きな原因があったのでしょうか?

 

 

今回は人気者の今いくよ師匠がなぜ胃がんになってしまったのか、我々がそれを避けるためにはどうすればいいのかについて考えていきたいと思います。

 

 

今いくよさん関連リンク

今いくよ・くるよ、30年前の漫才

今の漫才とはいろいろと違いますね

徹子の部屋に出演

二人の病気療養の話をしていました
rel=”nofollow”
今いくよと鈴木明子は似ている?

似てないと思います

昔の画像

こんな時代もありました

スポンサードリンク

まずは今いくよさんの人となりについて。
いまだにどっちがいくよでどっちがくるよかわかってない人も多いようですが、
痩せている方がいくよさんで、太っている方がくるよさんです。
くるよさんの方が体型と衣装にインパクトがあるためあっちがボケかと思ってしまいがちですが、実はいくよさんの方がボケです。

 

 

二人は高校時代、ともにソフトボール部に所属していました。北陽みたいですね。
生年月日についてはなぜか二人とも長年非公開になって居たのですが、
現在のwikipediaには二人ともに1947年生まれであることが記載されています。
つまり現在は両者ともに66歳というわけですね。年を取ったなあという感じもしますが
まだまだ舞台の上での切れは若い人たちにも負けていないな、という感じがします。

 

 

そんな両者ですが、実は二人とも過去には病気になったことがあります。
いくよさんは前述の通り胃がん、くるよさんは心筋梗塞です。
いくよさんに胃がんが見つかったのは2014年9月のことでした。

 

 

いくよさんが体調不良を訴えて病院で精密検査を受けたところ、進行性胃がんと診断されました。

 

 

一般的に胃がんは早期胃がんと進行性胃がんに分類できます。
早期胃がんとはその名の通り早期の胃がんです。
現在は医療の発達のおかげで、早期胃がんは非常に治りやすい病気になっています。

 

 

一方、進行性胃がんとは体内の奥深くまで進行した胃がんのことです。
進行性胃がんはンパ節への転移や遠隔転移の可能性が非常に高くなります。
また、おなかの中にがん細胞が散らばる腹膜播種(ふくまくはしゅ)が起こりやすく、
治療も難しくなります。今いくよさんも進行性胃がんであり、治療は容易ではないでしょう。

 

 

胃がんの主な原因はストレス、喫煙、肥満、塩分の取りすぎなどといわれています。
今いくよさんは大変痩せているので肥満の心配はありませんが、
ストレスはそりゃああるでしょうね。人に見られる仕事ですし……。

 

 

おまけに病気が発覚する前は1日30本の煙草を吸っていたそうです。
酒も飲んでいましたし、不健康生活のオンパレードといってもいいかもしれません。

 

 

当初はいくよさんはもちろん、くるよさんも病気に対してショックを隠せなかったそうですが、その後は病気であること受け入れて、いくよさんをサポートしています。
くるよさんも以前心筋梗塞を患ったことがありますし、大病経験者としてしっかりといくよさんを支えていってほしいですね。

 

 

さて、そんないくよさんですが、病気が発覚してからの治療はとりあえずは順調に進んでいるようです。癌発覚後は入院したものの、その後は飲み薬1カ月に1回の点滴で病状は安定。

 

 

入院から約1か月半後には退院し、主治医から仕事の許可を受けて、12月に復帰しました。
入院直後はさすがに体力の衰えを感じていたようですが、
1日30分ぐらい歩き、1日30本すっていたタバコはやめて、
お酒も断つなど本格的な生活改善に取り組みました。

 

 

現在は特に薬の副作用を感じることもなく、順調に回復しているとのことですが、
しばらくは病気の治療を優先させて、仕事は様子を見乍ら再開させていくとのことです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す