スポンサードリンク

大宮エリーと鈴木拓の関係は?格闘技と超特急


ドランクドラゴンの鈴木拓さん。ブレイク当初は相方の塚地武雅さんのキャラクターの濃さに押されがちであまり目立っていませんでしたが、最近はそのゲスいキャラクターで再ブレイクをはたしています。そのキャラクターには反発も多いものの、本音を包み隠さず言っていくスタイルは高く評価されています。

そんな鈴木拓さんですが、実は格闘技をやっておりかなり強いとのうわさです。果たして本当なのでしょうか……?

スポンサードリンク

鈴木拓さんは1975年生まれのタレント、お笑い芸人です。神奈川県綾瀬市出身、実家は神奈川県海老名市です。芸人を志したきっかけは非常に安易なもので、たまたま書店で立ち読みした本の中に「簡単になれる職業(最高が星五つのランク付けで星一つ)」としてお笑い芸人が上げられていた、というものです。人力舎の養成事務所であるスクールJCAに入所し、カルテットを組む者のうまくいかずに解消します。その後現在の相方である津加地さんと出会い、1996年にコンビ「ドランクドラゴン」を結成します。

 

 

コンビ結成後はドランクドラゴンのツッコミ役として活躍。コントの上での役回りはツッコミですが、性格はかなりの天然でありトークなどではいじられることも多いです。かつてはお笑いに対してはかなり消極的な姿勢だったのですが、現在はピンでのテレビ出演を増やすなど芸能活動にも積極性を見せてきています。

 

 

実家は神奈川県海老名市の居酒屋「黒兵衛」。はねるのトびらでもたびたび紹介されていたお店ですが、経営は芳しくない様子で、鈴木さんの親は700万円程度の借金を抱えているそうです。一時期はその借金を鈴木拓さん自身が肩代わりするとかしないとかで、もめにもめたこともあるのだとか……。この時は離婚する寸前までいったようですが、なんとか現在まで離婚せずに済んでいるようです。その借金がどうなったかは不明ですが。

 

 

食べログ情報によれば現在黒兵衛は休業しているらしいそうなので、うかつにいかないように注意しましょう。

 

 

特技はブラジリアン柔術。その腕はかなりのものであり、ニコラス・ペタス道場の門下生とテレビの企画で対戦した時はなんと圧倒的な体格差を跳ね返して二人から勝利を奪いました。3人目に投入されたエース級にはまったくかないませんでしたが、それは二人と対戦した疲れがたまっていたからであり、もし初戦で対決していれば勝てたかもしれないと思わせるほどの動きでした。身長167cm、体重60Kgと決して体格に恵まれているわけではないのに、ここまで動けるというのはすごいですね。

 

 

趣味は釣り。テレビでも時々釣りに関する話をすることがあり、塚地さんにのみ仕事が入っているときはもっぱら釣りに出かけているそうです。また、塚地さんがヘビースモーカーであるのとは対照的に非喫煙者ですが、塚地さんとあまりに一緒にいる時間が長すぎ、副流煙を吸いまくってしまい、医者から「タバコを吸い過ぎだ」と言われたことがあるそうです。

 

 

芸風は以前はかなり地味で消極的でした。お笑いに対するやる気は極めて低く、ネタを覚えるもなく、セリフをかんだりすることもしばしばでした。以前はギャラが相方の塚地さんと折半(ピンの仕事で得たものも折半する)だったためそれでも生活が成り立っていたそうですが、その後給料が歩合制に代わってからは自らコントの台本を書くなどするようになり、自ら積極的に前に出る機会も増えました。

 

 

現在はむしろ相方の塚地さんよりも話題になることが多いです。ゲスな発言や振る舞いからツイッターの炎上などは日常茶飯事な反面、革新を突く発言をすることも少なくありません。とくに「ガキの使いやあらへんで」での「センスのないものは努力などするな」「よく結果につながらなくても努力は無駄にならないといわれますけど、それは自分の好感度を上げるためのきれいごとです」という発言は大いに話題となりました。皆さんはこの発言についてどう思いますか?



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す