スポンサードリンク

宮川大輔は結婚している?嫁のまあことトイレで……はガセ?


世界の果てまでイッテQ!で確国のお祭りに参加している人、というイメージが強い宮川大輔さん。もちろんただお祭りに参加しているだけではなく、他のにも様々なレギュラーを持っています。不定期にすべらない話や黄金伝説、タモリクラブなどの人気のある番組に出演しており、中でもすべらない話に関しては「大輔宮川のすべらない話」というスピンオフ作品まで作られています。そんな宮川大輔さんの人気の秘訣を探ってみました。

スポンサードリンク

宮川大輔さんは1972年生まれの芸人です。京都府出身、滋賀県大津市育ち。高校3年生の時に父親の同級生で関西テレビのアナウンサーだった桑原征平さんの紹介もあり、NSC大阪校に進学。当初は役者志望だったものの、入学してみると生徒が全員芸人志望だったため自然と自分もお笑いをやるようになったとのことです。

 

 

その後1991年にほっしゃん。さんとコンビを結成します。当初は「チュパチャップス」というコンビで活動していたものの、メーカーからクレームが入り「チュパチャップス」と微妙に改名。それでもぱっとせず、1999年に解散します。解散後は芸人ではなく役者としての活動をメインにしていましたが、その後再び芸人としての活動を行うようになります。

 

 

2007年からは「世界の果てまでイッテQ!」でお祭り男として世界各地のお祭りに参加する姿が人気になりました。現在は世界の果てまでイッテQの他、合計で3本のレギュラー番組を持つ売れっ子です。そのほか、すべらない話やタモリ倶楽部などのコアな人気を誇る番組にも不定期に出演しています。

 

 

宮川大輔さんと言えば、売れ始めた当時は同じ吉本事務所の大先輩である宮川大助・花子の宮川大助さんと同姓同名(漢字は違いますが)であることでずいぶんいじられていましたね。

 

ちなみに、実は宮川大助・花子のほうは本名ではありません(本名はそれぞれ松下孝美・松下美智代)。両者の間に血縁関係もありません。

 

 

宮川大輔さんが宮川大介さんのところにあいさつに行った際には「君は本名なんだし、言っってみれば”先輩”だからな」と言われたとのことです。ほかにも宮川大介さんは「周りが勝手に間違えてくれて、話題になって彼には感謝してる。でも、僕なんかと全く違うイイ男なんです。喋りも大輔くんの方が達者だし」と話しており、関係は極めて良好のようです。

 

 

2014年にはさらに「宮川大好(みやがわだいすき)」というそっくりさんもあらわれます。宮川大好さんは東京都羽村市でバーを経営しており、地元では宮川大輔さんのそっくりさんとして有名なのだとか。いろんな人と被ってて宮川大輔さんも大変です。

 

父親は地元で有名な小間物問屋ということもあり、もともとはかなり裕福だったそうですが、宮川大輔さんが生まれたわずか4か月後に従業員のたき火が原因で会社が大火事に見舞われてしまいます。この事故が原因で多額の賠償金が発生し、会社は倒産。父親は自宅を売り払い、タクシー運転手になって借金を返したのだとか。かなり波乱万丈な人生ですね。

 

芸能界の友人はサッカーの内田篤人選手。2009年に放送された「VS嵐」で共演して以来親交が続いており、キプロス戦で使用したユニフォームをもらい受けたこともあるのだとか。サッカーファンからしたらうらやましくてしょうがないでしょうね。

 

私生活では1997年、25歳の時に結婚します。当初はまだ名もなき芸人でありますが、奥さんは文句も言わず付いてきてくれたとか。奥さんはマーコさんという方で、年齢などの詳細は明らかにされていません。現在は一人の子供にも恵まれており、幸せな家庭を築いています。

 

そんな宮川大輔さんですが、2015年に東スポに「日テレの障碍者用トイレで30代女性社員と性行為をした」と報じられます。何分東スポなのでどこまで信頼できるかはわかりませんが、本当だとしたらかなり危うい話です。障碍者トイレをそんなことに使っていたのもまずいですし、何より浮気ですし……。宮川家の運命やいかに。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す