スポンサードリンク

富澤たけしの右眼ってどうなっているの?嫁は天才?


サンドウィッチマンの富澤たけしさん。芸人らしからぬ魅力的な低音ボイスが魅力です。相方の伊達みきおさんともども仙台の出身で、東日本大震災時にはブログのコメント欄が安否情報の確認掲示板として機能していました。

 

 

そんな冨澤さんの特徴の一つとして、右目の細さが上げられます。生まれつき右目が開きにくい体質であり、ほとんど視力はないそうです。それにもかかわらず高校時代はラガーマンとして活躍していたのですからすごいですよね。

スポンサードリンク

富澤たけしさんは1974年生まれのお笑い芸人です。サンドウィッチマンのボケ担当で、所属事務所はグレープカンパニー。このグレープカンパニーっていう事務所は初めて耳にしたんですが、もともとはサンドウィッチマンの担当マネージャーが立ち上げた事務所のようですね。一応ホームページもあるのですが、サンドウィッチマン以外には売れている芸人さんはいないようです。大丈夫なんでしょうか。

 

 

富澤たけしさんに話を戻します。父親は大手輸入食品会社の支社長、母親は元演歌歌手です。
仙台商業高校を卒業後、高校時代にラグビー部の同級生だった伊達みきおさんとサンドウィッチマンの前身となる「親不孝」を結成します。その後浜田ツトムさんが加入しサンドウィッチマンとなりますが、すぐに二人体制に戻ります。

 

 

その後2005年あたりからテレビでも活躍するようになります。主なネタはコントですが、漫才もやります。
M-1グランプリでは2007年に優勝しているほか、キングオブコントでも2009年に2位に入っています。
ネタを作っているのは主に富澤さんですが、伊達さんや構成作家がそれに手を加えることもあります。

 

 

口癖というか、よく言う言葉は「ちょっと何言ってるかわかんないです。」どのネタでもほぼ確実に使われるフレーズで、何度も聞いているにもかかわらず確実に笑ってしまうという魔力を持つ言葉でもあります。
2000年代の代表的なお笑い番組である「爆笑オンエアバトル」にはなぜか出演したことがない他、レッドカーペットにも長らく出場しないなど、謎の残る活動もしていました。やっぱり所属している芸能事務所が小さいといろいろと面倒なこともあるんですかね。

 

 

富澤さん自身は相方の伊達さんはもちろん、フットボールアワーの後藤さんからも天才といわれるほどネタ作りの評価が高いようです。芸人に天才と呼ばれる人はいっぱいいますが、富澤さんもその一人のようですね。
また、富澤さんは生まれつき右目が開けない病気を抱えています。お酒の飲み過ぎで顔がむくれているのかと思ってましたが、もっと深刻な理由があったんですね。ちなみに、伊達さんともども下戸のようです。

 

 

芸人でありながら極度の人見知りであり、アメトーークの人見知り芸人にも出演したことがあります。
同じく人見知りであるオードリーの若林正恭さんと一緒の楽屋になってしまったときは会話が全くはずまず、お互い会話のおうむ返しをして時間をつぶしているそうです。それはそれでちょっと面白そうな気もしますが。

 

 

また、魅力的な声の持ち主であることでも有名です。その声は妙に色気があるといわれています。
趣味は「他人に自分の足を嗅がせる」というもの。伊達さんいわく「身近にいる人は大体経験があり、特に橋本マネージャーはしょっちゅうかがされている」そうです。どうやらくさがるのを見るのが好きなようです。

 

 

人見知りの割にはやることが大胆ですね。一度打ち解けた人に対してはフランクに接することができるタイプの人なんでしょうか……。私も割とそういうところがあるだけに、見習いたいですね。

 

 

私生活では2009年に結婚しています。結婚までにかかった期間は3年で、相手が20代のうちに結婚したいという願望があったそうです。奥さんに関する情報は非公開となっていますが、で愛は友人の知り合いで、富澤さんいわく「深田恭子さんに似て言うといわれたことがあるが、似ていない」そうです。ややっこしいですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す