スポンサードリンク

明石家さんまと長渕剛ってどんな関係なの?ワインをかけたのはだれ?


明石家さんまさんといえばどんなトラブルも笑いに換えてしまうまさにお笑いの名人というイメージがありますが、
過去にはさんまさんでも対処しきれない事件がありました。

 

 

明石家さんま関連リンク

地獄先生ぬーべーで妖怪になる

7年ぶりのドラマ出演も「これで最後」

意外と悲しい生い立ち

これでどうしてあのような人が出来たのか

明石家さんま先生が語るからくりTV打ち切りの秘密

これマジ?

明石家さんまに干されたと噂される方々

大人の世界って、怖いですねえ

スポンサードリンク

ある日の「さんまのまんま」の収録中。
長渕剛さんを20年ぶりにゲストに迎えたさんまさん。撮影自体は滞りなく進行していきましたが、
突然長渕さんが「だんだんムカついてきたな。いっぺん、腹割って話しよか」と発言します。

 
それに対してさんまさんは「あなた間違ってる。人生…」と返し、一触即発の状態になっなりました。

 

 

その後はお互い変な雰囲気になりながらも収録は進んでいきましたが、周囲から見ると「一触即発」の状況だったようです。

 

 

さんまさんは収録後「やりづらい」と周囲にこぼしており、
長渕さんの妻である妻志保美悦子さんは収録語にスタッフのもとに行って削ってほしい部分を主張する事態に。現場は相当もめました。

 

 

もしこれが事実だとしたら個人的にはさんまさんの方が正しいことを言っているような気がします。
長渕さんの人生が正しいのか間違っているのかは長渕さん自身が判断すればいい話だとは思いますが、
第三者視点で見れば大麻でしょっ引かれたことがある人が正しい人生を歩んでいるとは到底思えません。

 

 

長渕さんはバラエティでもミュージシャンとして扱ってほしかったのかもしれませんが、
ミュージシャンとして扱ってほしいのならば音楽番組に出ればいいだけの話ですし、
バラエティに出ることになった以上はそれ相応の覚悟をするべきだと思います。

 

 

さて、さんまのまんまといえば過去にはこんな事件もありました。
今から約25年前のこと、ゲストは女優の梓みちよさん。
1960年代から70年代にかけては歌手としても活躍したベテランです。

 

 

梓さんは突然シャンパンをさんまさんに対してかけて、「デートの時、突然シャンパンをかけられても無反応で耐え、しばらく黙った後にそっと席を立って去っていく男を好きになってしまう」と発言。
さんまさんはそれに対して無言で答えて、しばらくたった後にその場から離れてからリアクションを取りました。

 

 

しかし、この行動は視聴者からの反発を招き、梓さんが数年ほどメディアから消える原因となってしまいました。
さんまさんはバラエティのノリとして梓さんの行動をしっかりと消化しており、
梓さんも高価なブレスレットを送って謝罪するなど、二人の間にわだかまりはないようです。

 

 

梓さんがなんでそんなに意味不明な行動をとったのかは不明ですが、
多分この人はこういうことがおもしろいのだと勘違いしたのでしょうね。

 

 

今風にいえばバイト先のコンビニの冷蔵庫に入っている姿をツイッターにアップするようなものでしょうか。
どちらもつまらない人がセンスのなさを露呈するという点では一致していると思います。

 

 

昔は芸能人しかバカをさらせなかったのに、今は一般人もネットで気軽にバカを晒せるようになったのだから、いい時代(?)になったものですね。

 

 

最後に、こうしたネット上での炎上が怖い人のためにアドバイスを。
一番いいのはこうしたネットの暗い部分に近づかないことです。
ツイッターもフェイスブックも、やらなければとりあえず炎上に巻き込まれるリスクはぐんと減ります。

 

 

行き場のない自己顕示欲をどうしても発散したい場合は、
せめて匿名でやるようにしましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す