スポンサードリンク

栗田貫一はモラハラ亭主で離婚の危機?性格は?


ものまね王座決定戦の物まね四天王のひとりとして有名な栗田貫一さん。
一般的にはルパン三世の声優として知られています。
ルパン三世を演じるに当たってはいろいろな葛藤があったらしく、また初代声優の山田康夫さんともいろいろなエピソードがあります。

 

 

一方で最近は妻に対するあまりにも横暴な態度からモラハラ亭主という呼び声も高いのですが、果たして実際の栗田貫一さんはどんな人なのでしょうか。

 

 

栗田貫一さん関連リンク

栗田貫一公式プロフィール

現在57歳

栗田貫一に次元大介が発破

いいコンビです

栗田貫一、開き直る

知らないよ

栗田貫一のモラハラはやらせ?

流行らせコラ!

スポンサードリンク

栗田貫一さんは1958年3月3日生まれの芸人です。
現在では声優、というかルパン三世の声を当てている人というイメージが強いですが、
もともとは物まね番組で無類の強さを誇っていた方でした。

 

 

そんな栗田貫一さんがルパン三世の声を当てることになったのはふとしたことがきっかけでした。なんとなくルパン三世の物まねをしたところこれが似ていると評判になり、
そのまま流れでオファーが決定してしまったのだとか。人生何が起こるかわかりませんね。

 

 

ちなみに、旧ルパン三世役だった山田康夫さんとも親交がありました。
山田康夫さんが60歳を迎えるにあたって開かれたゴルフコンペには自ら参加し、
そこで山田康夫さんに声を当てるという芸を披露したそうです。

 

 

ちなみに、栗田貫一さんのルパン三世像はあくまでも「悪役、悪人」なのだそうです。
最近は2時間スペシャルなどで人を助けたり、人のために盗みをしたりすることも多いルパン三世ですが、それはあくまで結果的に成り行きでそうなっただけであり、ルパンは基本的には義賊ではあってほしくないというのが栗田さんの考え方です。この考え方は山田康夫さんの考え方とも一致しています。

 

 

ところで、ルパン三世といえば最近大幅な声優の入れ替えがありましたよね。
ここ数十年の間栗田貫一(ルパン三世)、小林清志(次元大介)、井上真樹夫(石川五右衛門)、 増山江威子(峰不二子)、納谷悟朗(銭形警部)という状態が続いていましたが、最近は納谷悟朗さんが亡くなったことに加えて、他のメンバーも高齢化が進んだということもあってメンバーが総入れ替えに近い状態になりました。

 

 

長きにわたり演じてきた人が辞めていってしまうのは悲しいことですが、これも時の流れということでしょうがないのでしょうね。

 

 

さて、話は変わって栗田貫一さんの人となりについてです。
栗田貫一さんのちょっと変わった特徴、それはじゃんけんが弱いこと。
じゃんけんなんて勝率50%だろうと思われるかもしれませんが、彼はなぜかじゃんけんが全く勝てずに、そのせいで物まね王座決定戦で何度も勝利を逃しています。

 

 

また、私生活ではかなりの亭主関白、というかそれを通り越してモラハラ男といわれています。

 

 

ある番組で栗田貫一さんに対する密着取材が行われたのですが、その番組内で栗田さんは奥さんに対して「だからお前はダメなんだ」「殺していい?」と暴言を連発。
それに対しては当然多くの視聴者が反発を覚えましたが、栗田貫一さん自身は「関係ねえよ、そんなの。男の味方がいればいい。俺はあれが普通だから」とどこ吹く風だそうです。

 

 

この報道について物まね番組で共演したこともあるグッチ裕三さんは「ただクリカンは物凄く性格が悪いからね。あんなもんじゃないよ、本当はもっとひどい」と発言。

 

 

同じく物まね番組で共演していたモト冬樹さんも「普通人間は好かれようとするけれど、テレビの栗ちゃんは普段と一緒。こいつはすごい」と発言しています。

 

 

個人的にはあの番組の内容はあまりにも嘘くさすぎてやらせなんじゃないかと思いながら見ていましたが、もしあれが本当だとすると大事ですね。まあ、奥さんがそれでもいいと思っているのならば外野の人間がどうこう言うべきではないのかとも思いますが……。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す