スポンサードリンク

笑福亭鶴瓶の息子が半沢直樹やCMに出演?タモリと落語?


大ベテラン芸人で誰もが認める大御所でありながら、
親しみやすいキャラクターで人気がある笑福亭鶴瓶さん。
テレビではめったに落語を披露しないことからタモリさんなどからはそのことをたびたびいじられていますが、もちろん実際には名人級の実力があります。

 

 

ファンに対しても非常に気さくで快く写真撮影やサインに応じてくれると評判の笑福亭鶴瓶さんですが、彼の素顔は果たしてどんなものなのでしょうか。

 

 

笑福亭鶴瓶関連リンク

笑福亭鶴瓶公式ホームページ

めったに見られぬ落語家姿

笑福亭鶴瓶の息子・駿河太郎伝説

おおらかな方です

笑福亭鶴瓶の名言集

落語家らしいウィットにとんだ発言

笑福亭鶴瓶が愛されるわけ

コミュ力という言葉では片づけられない?

スポンサードリンク

まずは笑福亭鶴瓶さんの落語家歴を見てみましょう。
笑福亭鶴瓶さんが落語を始めたのは高校生の時です。
その後京都産業大学に進学し、落語長屋という落語研究会で「童亭 無学(どうてい むがく)」を名乗ります。

 

 

その後六代目笑福亭松鶴さんのもとに弟子入りしますが、
落語家の下積みは長いことから、早く売れたかった鶴瓶さんは超能力(当然マジック)を使えると松鶴師匠にあかし、松鶴師匠もこのキャラクターは使えるとテレビ局に対して売り込みをかけます。

 

 

その後はタレントとして活動するようになりますが、一方で2000年ごろからは落語家に回帰します。
テレビドラマ「タイガー&ドラゴン」では、元落語家で現在はヤクザの親玉を演じたこともあり、
最近は落語会も頻繁に開いています。

 

 

落語のスタイルは日常のちょっとした話を面白可笑しく話すというわかりやすいもので、
親しみやすい語り口から人気を博しています。

 

 

一方で滑舌はあまりよくなく、とくに「さ行」があまりうまく言えないという欠点もあります。

 

 

しかし、我々にとってなじみが深いのはむしろタレントとしての鶴瓶さんでしょう。
特に笑っていいともには実に27年間も出演しており、いいともの顔的存在として扱われてきました。
タモリさんとの親交も深く、いいともを辞めたいと鶴瓶さんが漏らした時には慰留されたとか。

 

 

これだけ見ると一見危険のないタレントに見えますが、実は様々な番組で裸を披露することでも有名です。
家庭でも全裸で過ごしているというエピソードがありますが、一応露出狂ではないそうです……

 

 

このようにクレイジーな面もある一方で、ファンに対しては非常にあたたかく、
サインや写真を断らないことでも有名です。

 

 

ツイッター上にはたくさんファンとのショット写真が上げられているほか、
鶴瓶さん自身も「俺が書いたサインの数は2000円札より多い」と自負しています。
このあたりの愛されるキャラクター性があるからこそ、上記のような無茶を行ってもテレビから消えずに済んでいるのでしょうね。

 

 

さて、鶴瓶さん本人の話はこれくらいにして、ここからは家族についても触れていきましょう。
笑福亭鶴瓶さんの息子さんは駿河太郎さんという方です。

 

 

短期大学を卒業後、イギリス留学を経て2003年に音楽デビューします。
その後は音楽家として活動しますが、次第に俳優業にシフトチェンジ。
2013年にはあの大ヒットドラマ「半沢直樹」で、笑福亭鶴瓶さんとの親子共演を果たします。

 

 

2015年4月には映画「案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~」にも出演予定です。

 

 

奥さんは「あのねのね」の元メンバーだった玲子さんという方です。
結婚したのは1974年とかなり前ですが、現在も関係性は良好です。
娘さんは有限会社バグケットという会社の代表取締役です。
皆フィールドは違えど、それぞれが社会で活躍していらっしゃるわけですね。

 

 

現在住んでいる家は兵庫県西宮市にあり、近所では有名豪邸ともっぱらの噂です。
家の中にはプールもあるそうです。羨ましい限りですね。
芸人にはお金を貸せないと銀行に断られたのが悔しくて、奴らを見返してやるために立派な家を建てたのだとか。意外と負けず嫌いな一面もあるんですね。

 

 

というわけで、今回は笑福亭鶴瓶さんについてでした。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す