スポンサードリンク

読書家・太田光の小説の感想は?松本人志と不仲?


芸能界有数の読書家として知られる爆笑問題の太田光さん。
彼が満を持して発表したマボロシの鳥を読みましたので、その感想を書いていきたいと思います。

 

 

太田光さん関連リンク

有吉、太田の煽りに乗らず

大人の鑑

太田光bot

太田光代公認

太田光、インパルス板倉「トリガー」絶賛

警察だ!

太田と田中の一般人に対する考え

ウーチャカマジクール

スポンサードリンク

 

 

まず結論から言いますと、あまり面白くありませんでした。
太田さんの伝えたい思いや考え方はひしひしと伝わってくるのですが、感情表現をすることに重点を置きすぎている気がしました。

 

 

文章というのは自分が伝えたいことを書くだけではだめで、相手に受け入れてもらう必要があります。
太田光というネームバリューがあるためそのような工夫をしないでもある程度読んでもらうことが出来るのでしょうが、
もったいないことをしているなというのが正直な感想です。

 

 

同人誌なら読みたい人だけ読んでくれればいいよ、
という姿勢でも問題ないのかもしれませんが、
商業作品である以上は相手に受け入れられるための努力をするに越したことはないというのが私の考えです。

 

 

この作品を読む限り、太田さんの思想は基本的には左寄り理想主義的だと受け取れます。
思想が左寄りだろうと右寄りだろうとそれは個人の自由なので私がとやかくいうことはできませんが、私の考えとは相いれないものでした。
どっちが正しいとか間違っているとかいう話ではなく、ただ合わないだけです。

 

 

さて、話は変わって太田さんの父親についてです。
太田さんの父親は太田三郎さんという方で、故人です。
太田さん自身はあまり父親について語ることはないようですが、
実はこの太田三郎さん、結構すごい方だったようです。

 

 

焼肉屋の叙々苑ってありますよね。実はあの毛筆ロゴを手掛けたのは、太田三郎さんなのだそうです。
太田三郎さんは職業が建築家、趣味が書道で、叙々園游玄亭建築も行ったといわれています。多彩な方だったようですね。

 

 

ただ、太田三郎さんはその伍叙々苑の社長と喧嘩したため、このことはテレビでは発言できないそうです。
晩年は介護を受けていたようですが、やりたいことをやって逝けたのでしたらこれに勝る人生はないかと思います。

 

 

さらに話は変わりますが、誤解されがちですが太田さんは特別身長が高いというわけではありません。
太田さんの身長は170cmと、日本人男性の平均値(約172cm)よりも下です。
じゃあなんであんなに背が高く見えるのかというと、隣に153cm(自称154cm)の田中さんがいるからです。

 

 

太田さんと同じく○○の大きい方と呼ばれる芸人には矢部浩之さん(173cm)やオール巨人さん(184cm)がいます。
オール巨人さんの方はともかく矢部さんもそんなに特別大きいわけじゃないですよね。
むしろそれほど長身のイメージがない小木博明さんは178cmと結構な長身だったりします。
テレビで見ていると芸能人は誰もが結構大きく見えますが、意外とみんな小さいんですね。

 

 

その点テレビで見ても明らかに身長が小さいとわかる田中裕二さんはチビの鑑。

 

 

最後に太田さんの対人関係について。
高校時代は一人も友達がいなかった反動か、
大学時代に入ってからはやたらと積極的になった太田さん。

 

 

ですがその積極的すぎる言動が災いして、人間関係に悪影響を与えることもしばしばあるようです。

 

 

よく耳にするのはダウンタウンの松本人志さんとの不仲説です。
どちらも割と気難しそうな人なので確かに合わないかもな~、という感じがしますね。
放送終了時の笑っていいともではダウンタウンと爆笑問題が共演し、
さらに舞台上で松本さんが太田さんに「ありがとうな」と声をかけた見たいですが。

 

 

まあ、不仲不仲っていってもいつまでも対立しているわけにもいきませんからね。
大人ならば嫌いな相手でもある程度相手にしなきゃいけないこともあるでしょうし、
この一件だけで不仲が解消されたとは言えないのかもしれませんが……。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す