スポンサードリンク

日本ハムファイターズの本拠地が移転!アクセスはどうなる?


日本ハムファイターズの親会社である日本ハムが、球団の掲げる新球場建設構想を正式に了承しました。早ければ2023年にドームが完成する見通しで、札幌市に隣接する北広島市、もしくは札幌市内で建設候補地を模索する予定になっています。

スポンサードリンク

現在の札幌ドームの問題点

現在、札幌ドームはプロ野球チームである日本ハムファイターズと、サッカーチームであるコンサドーレ札幌が本拠地としています。札幌市や道内の民間企業が出資している第三セクターが運営していますが、出資比率的には実質市が運営しているようなものです。

札幌ドームの利用条件は日本ハムファイターズ側にとってはかなり不利な条件になっており、飲食店の売上は全てドーム側に入っています。

使用料が高く、警備費、清掃代なども全て日本ハムファイターズ側が負担することになっているうえ、広告看板代側に対しても年間2億5000万円を支払っています。球団がドーム側に対して支払っている金額は年間で約26億5000万円であり、選手全員の年俸とほぼ変わりありません。

そのため、球団側は有望な選手が育ってもそれを引き止めるための資金を用意できず、高額選手を定期的に放出していました。さらに札幌ドームは観客席側の傾斜が急過ぎる、ファウルグラウンドが広すぎる、芝が薄く選手の身体に負担がかかりすぎるなどの問題もありました。

そのため、日本ハムファイターズは自前での球場建設を検討。楽天、ロッテ、横浜などがすでに球場の自前化で経営の安定化を実現しており、それに倣った形になっています。ただ、移転するにも莫大な費用がかかるため、資金面を含めてより多くの自治体や企業とともに事業を進める考えを示しています。

新球場の移設先は?

新球場の移設先として構想が上がっているのが、北海道の北広島市です。北広島市は札幌市の東側に位置する自治体で、人口6万人程度の比較的小さな市です。他のプロ野球チームの本拠地の殆どが23区や政令指定都市内に存在するのとは対照的です。

現時点で有力な候補地とされているのはJR千歳線・北広島駅の近くにあるきたひろしま運動公園です。札幌駅から電車1本でアクセスでき、札幌駅からの移動時間も20分程度とそれほど遠くありません。札幌市側は市街への流出を食い止めたい考えで、札幌駅至近の北海道大学も候補地に上がっています。

中小自治体の北広島市としては、地元に日本ハムファイターズという有名球団が来てくれるのは願ってもない話であり、独自の構想を球団に提案し、予定地近くに新駅を建設してもらうよう、JR北海道に働きかける考えを示すなど、積極的に動いています。天然芝で開閉式の屋根の球場をメインに据え、室内練習場や商業施設も整備する構想がありますが、総工費の資産や駐車場の収容台数などは現時点では判明しておらず、実現に向けてはなおハードルが残ります。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す