スポンサードリンク

横浜DeNA・筒香嘉智の成績が急成長のわけは?阿部慎之助も太鼓判


横浜ベイスターズ若手の星といわれながらここ数年満足な成績を残せていなかった筒香嘉智選手が、プロ入り5年目にしてついにブレイクを果たしました。

 

 

筒香嘉智選手関連リンク

2013年までの成績

これを見て誰が2014年の大ブレイクを予想できたでしょうか

2014年の成績

瞬く間にトッププレイヤーとなりました

どん底から這い上がった筒香のすごさ

ベイスターズを支える選手に育ってほしいですね

得点圏で打ちまくる筒香

もし自分が投手なら敬遠したいですね

スポンサードリンク

筒香嘉智選手は横浜DeNAベイスターズに所属する内野手・外野手です。
2009年に横浜ベイスターズ(当時)に高校通算69本塁打の鳴り物入りで入団し、
低迷を続けていた同球団の久々の希望の星ということで早くから注目されていました。

 

 

入団直後の2010年は高卒1年目ながらいきなり1軍の試合に出場。放った安打は一本のみでしたがその一本は豪快な本塁打であり、将来を嘱望されます。

 

 

2011年には当時横浜ベイスターズが非常に選手層が薄かったこともありシーズン後半にかけてレギュラーに定着。低打率ながら8本塁打を放ち、翌年の活躍を期待されます。

 

 

が、2012年には続けてレギュラーで使われたものの低打率にあえぎ、打率.218、10本塁打でシーズンを終えます。

 

 

2013年には開幕けがで出遅れ、また1塁にはブランコ、中村紀洋選手がそれぞれレギュラーとして定着していたこともあり、出場機会を大きく減らします。
プロ入り4年目を迎えながらなかなか開花しきれない姿に、やきもきしたファンも多いでしょう。

 

 

が、2014年は突如成績が向上。打撃力を生かすためレフトに転向したことが功を奏したのか、コンスタントにヒットを放ちレギュラーに復帰。
打率.300、22本塁打と主軸にふさわしい成績を残し横浜の顔となります。

 

 

以前は周りの意見を取り入れようとしすぎて低迷していた筒香選手ですが、
最近は自分の意見を持ち自分で考えて野球に取り組む姿勢にシフト
そこから成長が始まったといわれています。

 

 

たしかに、自分で考えるようにすることが大事ということはメジャーリーガーのダルビッシュ有選手も頻繁に口にしています。自分で考え、正しい努力をすることこそ、何かが上達するコツなのかもしれません。

 

 

ちなみに、筒香選手、意外とおちゃめというか抜けている一面もあります。
2014年10月3日、巨人戦で逆転3ランを放った筒香選手。

 

 

当時の動画

悠然とホームベースを回りますが、3塁付近で突然ずっこけてしまいます。
これには無表情を浮かべていた筒香選手も苦笑い。
残りの距離をさっさと走って、ベンチに引っ込んでしまいました。

 

 

たまにプレイ中にこける選手はいますが、ホームランを放ってベースを回っている最中にこけるというのは珍しいですね。
まあ、ホームランを打った後なのでいくらこけても大丈夫だったのは不幸中の幸いでしょうが。

 

 

最後に筒香選手の評価について。
ここ数年は実は期待外れな選手なのではないかとも言われることが多かった筒香選手ですが、2014年に満足のいく成績を残して以降はその評価うなぎのぼりです。

 

 

特に阿部慎之助選手は筒香選手に対して高い評価をしています。
年末の中居正広さんの特番で、
阿部慎之助選手ら著名な野球選手が現実に存在する現役野球選手をドラフト形式で指名していき、オリジナルチームを作るという企画が行われました。
ここで阿部選手は筒香選手を上位指名。「左で40本打てるのは筒香だけ」と太鼓判を押していました。

 

 

しかもその後のオーダーでは、他に獲得したヤクルトのバレンティン選手や西武ライオンズの森友哉選手、そして阿部慎之助選手自身らとの4番打者争いに勝利し、なんと「4番・3塁」という絶好のポジションを獲得。
阿部慎之助選手がいかに筒香選手に期待しているのかが見てわかる一幕でした。
中畑監督からの信任も厚く、着実に自分の地位を築きつつあるようです。

 

 

球界の大先輩にも期待されていることですし、筒香選手にはその期待に沿えるような活躍をしてもらいたいと思います。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す