スポンサードリンク

よく見るけど名前がわからない「アレ」の正式名称


世の中にはしょっちゅう見かけるけど、名前がわからないものってたくさんありますよね。例えばトイレのつまりを直す、棒の先端に半球状のゴムがついているアレ。すっぽんと読んでいる方が多いようですが、実はきちんとした正式名称があります。今回走っているようで知らない、アレの正式名称をまとめました。

スポンサードリンク

トイレづまりを直すあの装置

最初に取り上げるのは、トイレが詰まってしまったときに使うアレ。正式名称は「ラバーカップ」といいます。実はラバーカップには和式用と洋式用があり、それぞれ形状が少し異なります。洋式用は出っ張りがあり、和式用よりもちょっと幅が狭いのが特徴です。最近は筒先を出し入れできる、兼用タイプもあります。

 

ラバーカップは排水口に思い切り押し付けてから引き上げることによってつまりを解消します。カップを引き上げたときに水が吸い上げられ、その勢いで詰まっているものがこちらに戻ってくるわけですね。当然、水がないとうまく使えないので気をつけましょう。

 

無限にプチプチ出来るあれ

梱包材としてよく使用される「プチプチ」。もちろん本来の使い方は荷物を衝撃から守ることですが、本来の用途そっちのけで無限に潰そうとした事があるからもいらっしゃるかもしれません。最近はあの間食を無限に楽しめる「無限プチプチ」なる商品もあるそうで……。

 

実は、あの商品には正式名称自体はなく、総称が「気泡緩衝材バッグ」です。メーカーによって「エアパッキン」「エアキャップ」など様々な呼び名があります。

 

パンの袋の口を止めるあれ

食パンの袋の先端を止める、「コ」の字型のプラスチックの板。日本ではクイック・ロック・ジャパンが製造しています。アレの正式名称は「バッククロージャー」。思いの外かっこいい名前ですね。アメリカのクイック・ロック社の創業者であるフロイド・パクストン氏が1952年に開発したもので、もともとはりんごの袋詰のために開発されました。

 

視力検査の「C」

視力検査「C」のマークにも、正式名称があります。その名も「ランドルト環」。欠けた部分の幅は黒い輪の幅に等しく、内側の白い円の直径は欠けた部分の幅の3倍、という仕様になっています。

 

大仏の髪型

大仏様の髪型にもきちんとした正式名称があります。もちろん、「パンチパーマ」ではありません。正式名称は「螺髪(らほつ、らはつ)」です。あの一つ一つの丸が螺髪です。「螺」とはいわゆる巻き貝のことで、東大寺の大仏と奈良の大仏には966個、鎌倉の大仏には656個の螺髪があります。東大寺の螺髪は直径が約18cm、高さは約30cmです。

 

パンチパーマ

パンチパーマは怖い人の象徴としておなじみの髪型ですが、最初に考案されたときの名称は「チャンピオンプレス」でしたあの髪型を考案したのは北九州市の理容師、永沼重己さんです。長沼さんが開発したチャンピオンプレス用のアイロンは世界で大ヒットし、永沼さんは講習のために全国を飛び回りました。

 

その後、全国理容生活衛生同業組合連合会はこの髪型の名前をパンチパーマとして定着させましたが、永沼さんの店では「チャンピオンプレス」のち「ストリームヘア」という愛称が用いられていました。

 

バナナにある黒いシミ

バナナのシミにはあまりいイメージをお持ちでない方もいらっしゃるかと思いますが、実はバナナのシミは甘くなってきている証拠です。あまり放置しすぎると腐ってしまうので注意は必要ですが、新品のバナナよりは黒くなりかけのほうが甘いのです。このような理由から、バナナの黒いシミは「シュガースポット」と呼ばれています。

 

非常口の逃げている人

非常口の上にはランプがあります。あのランプは誘導灯と呼ばれるもので、火災時などに避難口を照らすために使われます。そしてあの誘導灯に書かれている、避難口に向かってダッシュしている人は「ピクトさん」といいます。非常口以外にも工事現場などでひどい目にあいながら、それでも逃げようとするピクトさんに拍手を。

 

テトリスの各ブロック

1列に並べると消えるテトリスのブロックの正式名称は「テトリミノ」といいます。ちなみに、4烈一気消しのことは「テトリス」といいます。

 

いかがでしたか。我々の身近には、意外と正式名称を知らないものがたくさんあります。そんなものについて調べるのも楽しいかもしれませんね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す