スポンサードリンク

ハロウィンの由来は?コスプレ仮装の注意点


10月31日にはハロウィンですね。他の年中行事と比べると若干影が薄かったこのイベントですが、最近は日本でもそれなりに盛り上がりを見せています。

 

ところでこのハロウィン、元々なんのために行われていたかみなさんはご存知ですか?由来も知らずただ騒ぐだけでは、真のハロウィニスト(?)とはいえません。早速一緒に学んでいきます。

スポンサードリンク

ハロウィンは元々キリスト教のお祭り

ハロウィンは万聖節(キリスト教で毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日)の前日に行われるお祭りです。
「神聖な」という意味の「hallow」と、「een(=even,evening)」が合わさってHalloweenです。

 

起源は数千年前の古代ケルト民族の祭りが起源とされています。我々日本人は12月31日を1年の終わりと定め、煩悩をなくすために除夜の鐘を打ちますが、古代ケルト人は10月31日を1年の終わりと定めていました。この日は死者の霊が親族に対して悪さをしたり、作物や家畜に害をなす日でもあったため、焚き火をして追い返していました。

 

後に古代ケルト人は古代ローマ人ともにブリテン島を征服し、両者の文化を融合させつつ当時新しかったキリスト教も交えてハロウィンを発展させていきました。

 

もっとも、現代のハロウィンに宗教色は殆どなく、単なるイベントと化しています。ですがハロウィンが元々宗教由来のイベントであるということは、疑いがないでしょう。

 

Trick or Treatは中性の文化の名残

ハロウィンといえば子供たちが近所を周ってお菓子をもらう「Trick or Treat」ですが、これは中世ヨーロッパの人間が祭り用の食料をもらって歩いた農民の様子を真似たものです。言われた方は「Happy Halloween!」と答えてお菓子をあげることが伝統と化しています。

 

ジャック・オ・ランタンは天国からも地獄からも嫌われた男のランタン

アイルランドに昔、ジャックというガラの悪い酔っぱらいがいました。彼は死後天国には入ることができず、更には悪魔にも嫌われて地獄も追放されてしまいました。安息の地を求めた彼は世界中を放浪することになり、その時暗い足元を照らすために株をくり抜いてランタンを作りました。

 

この話はアメリカにも伝わりましたが、アメリカではカブにあまり親しみがなく、カボチャがたくさん採れていたためカボチャで提灯を作るのが一般的になりました。

 

仮装するのは悪霊の目をごまかすため

10月31日には悪霊が現世にやってくると考えていた昔の人達は、仮装して悪魔を装うことで自分に悪霊が乗り移らないようにしていました。それが現在の仮装につながっているとされています。

 

ディズニーハロウィンで仮装する際の注意点は?

ハロウィンイベントと言えばやはりディズニーランド・ディズニーシーのディズニーハロウィンですが、イベントに参加する際には注意が必要です。

 

まず、大人の場合は全身コスプレの「フル仮装」が出来る期間が限定されています。これ以外の期間にフル仮装で入場しようとすると入り口で止められるので注意しましょう。今年のフル仮装期間は

 

9月9日~9月15日
10月25日~10月31日

です。一部だけ仮装する部分仮装は特に制限されていませんが、これについては明確な基準は存在していません。どこからがフル仮装で、どこまでが部分仮装かは現場のスタッフが判断します。心配な場合は事前に連絡して聞いておきましょう。

 

また、当然ディズニーランド内で他者のキャラクターに仮装するのはNGです。また、マーベル社のキャラクターもだめです。その他露出が多い服装、長すぎるドレスや装飾、ナイフやモデルガンなどの装備、ローラースケートやスケボーの装備は禁止されています。

ルールを守って、楽しく仮装しましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す