スポンサードリンク

色々と特徴ある市区町村を集めてみた


現在の日本には約1700の市区町村があります。今回はその中でもひときわ目立つ特徴を持つ市区町村を幾つか紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

日本一大きい市区町村

日本一大きな都道府県と言えば言うまでもなく北海道ですが、では日本一大きい市区町村はどこかご存知ですか?答えは岐阜県高山市です。高山市は岐阜県北部にある市で、その面積は約2100キロ平米。市区町村であるにも関わらず、香川県や都道府県の面積を上回っています。しかし、市域の90%以上は山林で、人口は約8万8000人にとどまっています。

日本一小さい市区町村

これとは逆に日本一小さい市区町村は、富山県船橋村です。その面積はわずか3.47キロ平米。東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが合わせて約1キロ平米なので、これがおよそ3.5個分ということになります。面積が小さいせいか人口密度は857人/キロ平米と以外にも高く、平均的な市区町村よりも若い人が多いなど以外と勢いがある自治体です。

日本一人口が多い市区町村

日本一人口が多い市区町村は神奈川県横浜市で、その総数はなんと約373万人です。さすがは大都市ですね。人口が横浜市を超えている都道府県全部で10個しかありません。日本のみならず世界的にも有名な市であり、今更解説する必要はないでしょう。

日本一人口が少ない市区町村

日本一人口が少ないのは東京都青ヶ島村です。青ヶ島村は東京都島嶼部にある小さな村で、人口はわずか168人です。村民の半分が村役場の職員もしくは建設作業員で、主な産業は公共事業と農産業と、極めて経済基盤は貧弱です。

日本一平均年齢が低い市区町村

日本一平均年齢が低いのは愛知県長久手市です。平均年齢は約37歳。愛知県の北部、名古屋市のすぐ東側にある人口5万8000人程度の市で、いわゆるベッドタウンとして機能しています。宅地開発が進んだことによって小学生を持つ若い世帯の流入が進んでおり、それに呼応するように若者向けの商業施設も増えるなど、地方都市としては珍しく今勢いがあります。

日本一平均年齢が高い市区町村

日本一平均人口が高いのは群馬県南牧村です。平均年齢は約63歳。群馬県の南西部にある人口約1900人の村で、わずか70年で人口は約3分の1にまで落ち込んでしまいました。民間シンクタンク「日本創成会議」が発表した消滅可能性自治体の中では最も消滅する可能性が高い自治体であるとされており、あと10年も経つと暮らせなくなるのでは、と村長も危惧しています。

日本一人口密度が高い市区町村

日本一人口密度が高いのは東京都豊島区です。人口密度は約22650人/キロ平米。23区の中でも西部にある区で、高級住宅街である目白、おばあちゃんの原宿こと巣鴨など、特徴的な街をいくつも抱えています。最近は高層建築のッ建設も進められており、それが人口密度の増加に貢献しているようです。

日本一人口密度が高い特別区以外の市区町村

日本一人口密度が高い特別区以外の市区町村は埼玉県蕨市です。人口密度早く13970人/キロ平米。埼玉県の南部にある市で、免責が最も小さい市(約5.11キロ平米)としても知られています。周辺をさいたま市、川口市という埼玉県のナンバーワンツーの市に囲まれていますが、合併などの話は特に持ち上がっていないようです。

日本一人口密度が低い市区町村

日本一人口密度が低い市区町村は福島県檜枝岐村です。人口密度は約1.73人/キロ平米。檜枝岐村は福島県の最も西、栃木県・群馬県・新潟県の3県と接している村で、面積の約98%を林野が占めています。1キロ平米に1.73人しか住んでいないということは、ディズニーランドほどの面積に約1.73人しか住んでいないということになります。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す