スポンサードリンク

愛は勝つのKANはかわいい?結婚してる?ライブは大人気?


愛は勝つで有名なアーティストのKANさん。世間的には一発屋のイメージが強いかもしれませんが、芸能生活29年目を迎えた今でも精力的に活動しています。

 

最近は音楽番組への露出も増えてきており、今年は24時間テレビの冒頭にも出演。決して過去の人というわけではありません。最新アルバム「6×9=53」には桜井和寿さんや馬場俊英さんなど多数の大物アーティストが参加しており、人気はまだまだ健在どころかむしろ確固たるものになっています。

スポンサードリンク

KANさんは1962年生まれのアーティストです。本名は木村和(きむら かん)、ジェイビィールーム所属。身長164cm。小学生の時からピアノを学び始める一方で、少年野球にも励みます。野球少年としては珍しい長髪、赤いベルボトムジーンズ、オーバーオールを着こなす変わった子供で、1975年には独学でギターを学び始めます。

 

1978年に高校進学、ビリー・ジョエルのアルバムに衝撃を受けてピアノロックに目覚め、1981年には法政大学に入学。しかしピアノを買うため大学には殆ど行かず、アルバイトに明け暮れる日々を過ごします。1回留年しながらもどうにか卒業、1986年にライトリンクスコーポレーションと契約を果たし、1987年にシングル「テレビの中に」でデビューします。

 

1990年にはアルバム「野球選手が夢だった。」の収録曲「愛は勝つ」がテレビ番組のED極として採用されるも、このときはあまり注目されずに終わります。しかし1991年に当時人気絶頂だった女性芸人山田邦子さんの「やまだかつてないテレビ」のED曲に採用されると、途端に大ヒットを果たします。

 

しかしその後はヒットに恵まれず、1999年にはバイオリニストの早稲田櫻子さんと結婚。2002年にはかつてからの夢だった「フランス人になりたい」という夢をかなえるため渡仏、エコールノルマル音楽院でピアノを学び直します。

 

2004年に帰国、2006年には帰港後初のシングル「遥かなるまわり道の向こうで」をリリースします。2010年には現在の事務所へ移籍、2016年には最新アルバム「6×9=53」をリリース。自身22年ぶりとなるアルバムトップ10入りを果たし、話題となります。

 

現在の活動は?

メディアへの露出は多い方ではありませんが、固定ファンが根強くライブは毎度大盛況です。コントや寸劇、パフォーマンスなどが盛り込まれた密度の濃い内容が特徴で、ツアータイトルには必ず素数のナンバーが付きます。KANさんは素数を好むらしく、最新アルバム「6×9=53」というタイトルもそこから来ているものと思われます。

 

身長が低いの?

身長は164cmとどちらかと言えば小さい方です。本人もそれを気にしているのかしていないのか、アルバム「東雲」には「牛乳飲んでギュー」という低身長の男の気持ちを歌った曲が収録されています。

 

奥様はどんな人?

KANさんの奥さんである早稲田桜子さんはバイオリニストの方です。Wikipediaに記事があるわけでもなく、ブログの更新は2013年を最後に途絶えており、その人となりは詳細不明ですが、2002年にはKANさんとともに渡仏しており、帰国後は鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の資格を得ているようです。

 

影響された歌手は?

ビリー・ジョエルから多大な影響を受けたことを本人が公言しています。私の耳では両者の曲がどう似ているのかよくわかりませんが……。

 

「愛は勝つ」意外の隠れた名曲は?

個人的には「秋、多摩川にて」という曲をおすすめします。この曲が収録されている「弱い男の固い意志」自体がピアノの美しいメロディーで満ち溢れているのですが、その中でもこの曲は一つ抜き出ています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す