ガオガエンの育成論は?夢特性が強い?

ポケモン第七世代の炎御三家、ガオガエン。全体的に攻撃能力に優れる反面耐久がいまいちだった歴代炎御三家とは裏腹に、耐久が高めで鈍足な種族値配分をしています。安定した専用技と優秀な特性、多い耐性となかなか強力な要素を秘めている反面、鈍足で弱点も多いため扱いには注意が必要です。 「ガオガエンの育成論は?夢特性が強い?」の続きを読む…

ポケモンのジュナイパーは弱い?育成論は?

ポケモンサン・ムーンの発売からしばらく経ち、対戦環境も少しずつ固まってきた昨今。今作の御三家は全体的に鈍足なポケモンが多いですが、その中でも弱点の多さと種族値配分の微妙さから弱いとされてしまっているのがジュナイパーです。

といってもそのへんはやはり御三家、全く弱いというわけでもありません。今回はジュナイパーの活かし方を考えてみたいと思います。 「ポケモンのジュナイパーは弱い?育成論は?」の続きを読む…

ポケモンサンムーンが発売されたので強力そうな新特性まとめ

ポケモンサン・ムーンから発売されて数日が経ちましたが、皆さん楽しんでますでしょうか。今回の記事ではサン・ムーンで新しく投入された特性のなかでも、特に強力そうなものを幾つか紹介したいと思います。

エレキメイカー・グラスメイカー・サイコメーカー

それぞればをエレキフィールド、グラスフィールド、サイコフィールドにするというとくせいです。エレキフィールドになると地面にいる電気タイプの技の威力が1.5倍に上がり、眠り状態にならなくなります。グラスフィールドになると地面にいる草タイプの技の威力が1.5倍になり、毎ターン終了時に最大HPの8分の1が回復し、じしん、じならし、マグニチュードで受けるダメージが1/2になります。サイコフィールドになると地面にいるポケモンのエスパータイプの技の威力が1.5倍になり、先制技を受けなくなります。

いずれも技の威力を上昇させた上でおまけに何かがついてくるといったかんじの特性ですね。

ファントムガード

HPが満タンの時、受けるダメージを半減するというものです。第五世代で猛威を奮ったマルチスケイルと同様の効果ですね。その性能の高さについてはカイリューが実証済みです。

もふもふ

直接攻撃で受けるダメージを半減する代わりに、炎タイプの技で受けるダメージを2倍にするというものです。デメリットは無視できないですが、それ以上に直接攻撃を全て半減できるというのがかなり魅力的です。

ぎょぐん

ヨワシのみが持っている特性で、レベル20以上だとバトルに出た直後に「むれたすがた」に代わるというものです。HPが25以下になってしまうと、「たんどくのすがた」に戻ります。たんどくのすがたでは全ポケモン中最弱と言っても過言ではないヨワシですが、むれたすがたは攻防ともにかなり強力です。

みずがため

みずタイプのわざを受けると、防御のランクが2段階上がるというものです。このとくせいをもっているシロデスナが水弱点なので、ある程度の抑止力になりそうです。

ポケモンスリーパーの育成論は?どんな技を覚える?

初代から活躍する由緒正しきエスパータイプ、スリーパー。第一世代ではそれなりに高い火力と耐久でフーディンと差別化されていましたが、第2世代で特殊が特攻と特防に分離されてしまい火力は激減。さらに他の単エスパーも次々台頭しており、その中では若干地味な存在になってしまっています。かなり高い特殊耐久と、豊富な技ラインナップでなんとか差別化したいところですが……。 「ポケモンスリーパーの育成論は?どんな技を覚える?」の続きを読む…

第六世代のオンバーンの育成論

ポケモン第六世代で新しく投入されたポケモン、オンバーン。従来のドラゴンタイプと比べると火力はかなり控えめですが、その分素早さは高く、先手を取っていろいろなことができます。現環境の火力インフレからはやや取り残されかけていますが、豊富な技ラインナップで生き残っています。 「第六世代のオンバーンの育成論」の続きを読む…

ポケモンのプクリンは第六世代で強化?

初代ポケモンでは微妙にグラフィックが不気味だったことでも知られているプクリン。対戦ではHP以外は微妙な種族値が足を引っ張っており、使用率は低迷していました。

第六世代ではタイプが単ノーマルからノーマル・フェアリーに変更され、特攻種族値が10上昇。以前よりは使いやすくなりました。 「ポケモンのプクリンは第六世代で強化?」の続きを読む…

ポケモンストライクはきせきで強い?

未進化のポケモンの中では最も高い合計種族値を持つ虫ポケモンのストライク。タイプが不遇なのが難点ですが、種族値は十分高い上に配分に無駄がなく、しんかのきせきを持てるなど独自の強みも少なくありません。弱点を突いてくるポケモンが多い現環境ではやや辛い面もありますが、長所を活かして頑張りたいところです。 「ポケモンストライクはきせきで強い?」の続きを読む…

ペンドラーはかわいい?育成論は?

だいご世代で初登場を果たしたポケモン、ペンドラー。いわゆる序盤虫としてはかなりの高種族値であり、無駄のない配分をしている実力者です。第六世代では攻撃種族値が10プラスされ火力不足が若干ながら解消されたほか、フェアリータイプの追加も追い風になっています。そんなフェアリータイプの育成論を考えてみましょう。 「ペンドラーはかわいい?育成論は?」の続きを読む…

ポケモンエビワラーの育成論は?

強力なポケモンが多い格闘タイプの中ではお世辞にも能力は高いと言えず、なおかつとくせいも微妙で不遇なエビワラー。ポケモンGOではそこそこレアなポケモンですが、本家ではその戦闘能力のなさから使用率は低水準にとどまっています。第六世代では格闘タイプ全般が弱体化し、ますます肩身が狭くなってしまった彼に未来はあるのでしょうか。 「ポケモンエビワラーの育成論は?」の続きを読む…

ポケモンエンブオーの育成論は?

第五世代炎御三家のエンブオー。先輩御三家で種族値が優秀なゴウカザルやバシャーモと比べると種族値配分に無駄が多く、それらのポケモンの劣化扱いされることが多かったのですが、第六世代では先制技の不意打ちを習得したほか、隠れ特性の捨て身も解禁されるなど若干ではありますが強化されました。そんなエンブオーの育成論を考えてみたいと思います。 「ポケモンエンブオーの育成論は?」の続きを読む…