大相撲の宇良が十両昇進!四股名はどうなる?

体格には恵まれなかったものの、独特の取り口を得意とすることから序ノ口時代から常に注目されてきた宇良(うら)。反り技を得意とする現代では非常に貴重な力士であり、番付に名前が載ってからわずか1年で十両昇進を果たした超スピード出世力士でもあります。そんな宇良の素顔に迫ってみました。 「大相撲の宇良が十両昇進!四股名はどうなる?」の続きを読む…

大相撲春場所終了!白鵬36回目の優勝、琴勇輝が初の殊勲賞

大相撲春場所が無事に終了しました。春場所はいつもと比べて波乱が起こりやすいことから「荒れる春場所」と言われることが多いですが、今場所は第一人者である白鵬が順当に優勝して終わりという結果になりました。

「大相撲春場所終了!白鵬36回目の優勝、琴勇輝が初の殊勲賞」の続きを読む…

相撲

稀勢の里は今場所こそ優勝できるのか

日本人大関として、また若乃花以来の日本人横綱として非常に周囲から期待されている稀勢の里。大関まで昇進したのですからその実力に間違いはないのですが、いまだに初優勝は成し遂げられていません。

 

2016年1月には長年のライバルだった琴奨菊が幕内優勝を果たし、日本人力士として10年ぶりの優勝もさらわれてしまいました。ここからの巻き返しはあるのでしょうか? 「稀勢の里は今場所こそ優勝できるのか」の続きを読む…

次世代を担いそうな幕内力士たち

第一人者白鵬は依然としてトップクラスの実力を維持し、ベテラン安美錦も奮闘するなど上位勢・ベテラン勢の奮闘が目立った2015年の相撲界。一方で照ノ富士が台頭し、ベテランの旭天鵬や若の里が引退するなど土俵全般の若返りが進んだ面もあります。

 

今回は次世代の土俵を支えるであろう、期待の力士を何人か紹介したいと思います。 「次世代を担いそうな幕内力士たち」の続きを読む…

相撲

琴勇輝ってどんな力士?弟は医学部で三役?彼女は?

幕内力士の琴勇輝。まだ24歳の若手力士ですが、その風貌はどう見てもベテランにしか見えません。新入幕後はなかなか幕内に定着できずに伸び悩んでいた感がありますが、ここのところ5場所連続で勝ち越すなど確実に実力をつけてきているように見えます。

 

 

そんな琴勇輝ですが、何と医学部に通っているという噂があります。果たしてその噂は真実なのでしょうか? 「琴勇輝ってどんな力士?弟は医学部で三役?彼女は?」の続きを読む…

貴闘力は現在もギャンブル依存?嫁と離婚で江東区の焼肉屋も閑古鳥?

平成初期の大相撲人気を陰から支えていた貴闘力。千代の富士の現役最後の対戦相手でもあり、その後はたびたび曙を破ったことでも知られています。2003年には衰えたといわれる中で自身初となる幕内優勝を達成し男泣きしました。現役引退後は後進の指導に当たっていたものの、現在はトラブルで角界外にいます。なんでも今では嫁と離婚したうえ、息子とも離れ離れになってしまっているそうですが……なぜそうなってしまったのでしょうか? 「貴闘力は現在もギャンブル依存?嫁と離婚で江東区の焼肉屋も閑古鳥?」の続きを読む…

琴奨菊が結婚後のラブパワーで初優勝か?

現在の大関以上の力士の中では最年長の琴奨菊。2015年は全体的に低調な成績で終わり、大関陥落もそう遠くないのではといわれてきましたが、2016年1月場所はどうしたことか初日から絶好調、12連勝を記録して優勝争いのトップに立っています。その裏には奥さんの献身的な支えがあったとうわさされていますが、果たして琴奨菊の奥さんはどんな方なんでしょうか? 「琴奨菊が結婚後のラブパワーで初優勝か?」の続きを読む…

大相撲の剣翔桃太郎ってどんな人?

大相撲でまた一人新たな若手のホープが十両昇進を果たしました。剣翔桃太郎です。2015年は常に幕下1桁の地位にありながらなかなか十両昇進を果たせなかった力士でしたが、2015年11月は自己最高位なる幕下筆頭で5勝2敗と勝ち越し。ようやく悲願の十両昇進を果たしました。まだ24歳と若く、これからの成長が十分に期待できる力士です。そんな剣翔の魅力に迫ってみました。 「大相撲の剣翔桃太郎ってどんな人?」の続きを読む…

相撲

【大相撲】新十両の朝弁慶の中学は平塚?

2015年11月場所の番付が発表され、朝弁慶が新十両に昇進しました。現在の年齢は26歳、決してスピード出世とは言えませんが、地道なけいこを重ねて苦節8年、ついに関取の座をつかんだ力士です。

所属する高砂部屋は1927年の東西相撲協会の合同以来、唯一関取を絶やしたことのない部屋となっていますが、先場所まで関取はベテランの十両力士、朝赤龍のみという状態が続いていました。果たして朝弁慶は高砂部屋をしょって立つことはできるのでしょうか。 「【大相撲】新十両の朝弁慶の中学は平塚?」の続きを読む…

相撲の亀井改め希善龍は十両?

大相撲力士の中にはほんのわずかな時間であっという間に幕内に出世していくようなエリート力士もいれば、徐々に番付を上げて30歳を超えてから本格的に活躍するような力士もいます。今回紹介する希善龍も30歳を間近に迎えてから活躍した力士の代表格です。現在は十両と幕下を往復する土俵が続いていますが、以前と比べると着実に力をつけてきており、今後の活躍が十分に期待できます。 「相撲の亀井改め希善龍は十両?」の続きを読む…

相撲